進学通信2019年11月号

今月のテーマ
私立中高のPTA活動と 保護者のつき合い

お子さんが私立中高に通うと、保護者は学校とどのように関わるのでしょうか。また私学では、保護者同士でどのようなおつき合いをしているのでしょうか。私学のPTA活動や、保護者同士の関わりについて、先輩ママの皆さんにうかがいました。

【3】ランチ会で情報交換するママたち

ランチ会や飲み会などママ同士の交流も活発

 

PTA活動や、クラス・部活動の保護者の集まりなどを通じて知り合いができることが多いようですね。保護者同士の交流はどのようなものですか?

 

 

Aママ

保護者の交流の場は、主にランチ会です。娘の学校では中1の時はほぼ全員出席していましたが、徐々に減って、高3の時の出席者は半分以下になっていましたね。息子のほうは、高2の現在、半分以上の出席率です。ランチ会は、どちらも会費は3千円くらいで、学校の近くのレストランで行われます。

 

Iママ

保護者会の時に、役員の人がランチ会を企画してくれます。今のところ、ほぼ全員出席していますね。そのランチ会で顔見知りができて、いろいろな話をし、LINE交換をしました。場所はホテルのレストランなどが多く、会費は3千5百円くらいです。部活動でもランチ会があります。そちらは、今度初めて私が幹事になって懇親会を企画します。会費は7千円くらいの予定です。

 

Sママ

私は勉強会で知り合ったお母さんたちと個人的にランチをしています。学校近辺のお店で、費用は2千円くらいですね。

 

お母さん同士の集まりでは、どんなことが話題になるのですか?

 

Sママ

親しくなった人の中に、上のお子さんが同じ学校の卒業生という人がいて、いろいろ経験談を聞かせていただいています。先輩ママからの情報はありがたいですね。塾や習いごと、英検はいつ受けると良いのかといった話がよく出ます。最近は、スマートフォンの使い方の話題も多いです。制限はどうしているかといったことですね。また、子ども同士で遊びに行く時には、場所や時間をどこまで許可しているかということも、皆さん関心が高いようです。

 

家庭のルールをお互い確認し合うということですね。そういった教育やしつけについての価値観は、似ていると思われますか?

 

Sママ

そうですね。勉強会に参加する人は熱心な人が多く、皆さん考え方も似ていると思います。話をしていて、感覚が合うと楽しいですよね。

 

Iママ

まだ中2のためか、テストや成績のことなど学校の情報交換が多いです。男子なので、家でゲームはどのくらいやっているかといったことも話題になります。だいたい同じ年齢の子どもを育てていると、悩みは似てきますからね。先日の保護者会でも、先生から“魔の中2”というお話がありました。校内でちょっとしたいたずらをしたり、校外学習の時にふざけて外部の方に注意を受けたりする子が出てくることもあるようです。学校はそうしたことへの対応にも慣れていて、生徒全員を集めて話をしてくださるそうです。こうしたことも成長とともに落ち着いてくるとのことで、お話を聞いて安心できました。

 

保護者会では、親子関係についてのアドバイスなどもありますか?

 


Iママ

「お母さんはあまり過干渉にならないように」と言われます。「お子さまは学校に任せて、見守るようにしてください」と、子離れすることを促されますね。でも熱心なお母さん方が多いので、皆さんどうしても息子に目が向いてしまっているようですけど(笑)。

 

Aママ

息子の学校も男子校で、PTAをしてみて感じました。“息子大好き”なお母さんが多いなって(笑)。娘の学校では、それなりに親子の距離があると感じましたけど。

 

Yママ

ウチは共学ですが、とくに男子のママと女子のママの垣根は感じないですね。話題は皆さんとだいたい同じです。PTAに関わらない人は学校に行く機会がそれほど多くないためか、お母さん同士が集まる時には、とりあえず学校の勉強の話から始まりますね。先生から配られたプリントの提出期限のことなど、目先の情報交換をしているうちに、あっという間に時間が過ぎていきます(笑)。

今月の先輩ママたち

Aママ

私立女子進学校を卒業した大学4年生の姉と、私立男子進学校高2の弟のママ。

Yママ

私立大学付属校高2の兄と、同じ学校の中1の弟のママ。

Kママ

私立男子進学校中3の兄と、公立小学校小6の弟のママ。

Sママ

私立女子進学校に通う中2のママ。

Iママ

私立男子進学校に通う中2のママ。