進学通信2019年11月号

今月のテーマ
私立中高のPTA活動と 保護者のつき合い

お子さんが私立中高に通うと、保護者は学校とどのように関わるのでしょうか。また私学では、保護者同士でどのようなおつき合いをしているのでしょうか。私学のPTA活動や、保護者同士の関わりについて、先輩ママの皆さんにうかがいました。

【2】保護者向けの教養講座がある学校も

先輩保護者からの情報やアドバイスはとても有益

 

Sママ

娘の学校にはPTAの組織がないんです。クラスでの集まりもとくにありません。保護者の交流がある部活動はありますが、娘の所属するクラブには、それもありません。

 

保護者で集まることはないのですか?

 

Sママ

決まったものはないですね。ただ月に2回ほど、保護者向けの勉強会のようなものが開かれていて、先生のお話を聞くことができます。私は、その会で知り合った人たちとお付き合いしています。そういう会に参加しようと思ったのは、同じ学校の保護者と知り合うチャンスがほしかったからです。参加してみると、たまたま小学校時代の塾が同じ人がいて話すようになり、そこから徐々に知り合いの輪が広がっていった感じです。

 

Kママ

ウチの子の学校にも、年に1度保護者向けの講演会があります。専門家の講師による、教養が深まるような内容で、希望者は無料で参加できます。土曜日に行われるので、仕事をしている人も参加しやすいように配慮されていますね。同じ講師の方が、別の時間に生徒向けの講演も開いてくださっています。

 

 

お子さんと共通の話題ができていいですね。ところで、PTA役員を経験された人は、そこで得たものとは何だと思われますか?

 

Kママ

学校に行く機会が増えるので、先生の顔と名前が一致するようになりました。また、お母さん方の顔見知りができて、いろいろなお話ができたのもメリットです。先輩のお母さん方からは、海外研修などこれからの学校行事などでかかる費用について教えていただき、心積もりができました。

 

Aママ

先生や先輩ママのお話を聞くことができて、学校のことがよくわかるようになりましたね。理解が深まり、学校がもっと好きになりました。先輩ママからは大学受験の経験談などをうかがい、いろいろな情報を得ることができました。娘の学校では卒業した今でも、一緒に役員をしたお母さん方とお付き合いが続いています。今週も会う予定です(笑)。

 

卒業後も保護者の交流があるなんて素敵ですね。Kさんは、下のお子さんが来年私立中学に入られたら、また役員をしたいとお考えですか?

 

Kママ

はい。最初はとくに学校の様子を知りたいので、中1の時に立候補したいと思っています。

 

PTA役員にならない場合、保護者の出番はあるのでしょうか。

 

Kママ

文化祭の時に、食堂の片付けや整理などのちょっとした係はありますが、希望しない人はとくに何もしなくても問題ありません。何かしないと肩身が狭いということはないですね。

 

Iママ

息子の学校では、お手伝いをする機会はほとんどありません。学校に行くのは年に1度の文化祭と、学期に1回行われる保護者会くらいです。

 

Aママ

息子の学校も、役員にならなければとくに学校で何かをすることはないですね。バザーの時に、出す品を寄付したり、買いに行ったりするくらいでしょうか。それも強制ではありません。

今月の先輩ママたち

Aママ

私立女子進学校を卒業した大学4年生の姉と、私立男子進学校高2の弟のママ。

Yママ

私立大学付属校高2の兄と、同じ学校の中1の弟のママ。

Kママ

私立男子進学校中3の兄と、公立小学校小6の弟のママ。

Sママ

私立女子進学校に通う中2のママ。

Iママ

私立男子進学校に通う中2のママ。