進学通信2019年9月号

今月のテーマ
家族で乗り越えた中学受験と私学への期待

中学受験では家族の協力が不可欠と言われます。ママがリードする家庭は多いようですが、パパやそのほかの家族はどのように関わると良いのでしょうか。今年、お子さんが中学受験をしたママたちに、“家族の協力”についてお話をうかがいました。

【4】入試本番でも役割分担 パパが力を発揮

入試本番で、パパが協力してくれた場面はありましたか?

 

Kママ

合格発表と別の学校の入試が重なった日は、私が入試に付き添い、主人に発表を見に行ってもらって、電話で連絡を取り合いました。

 

Yママ

平日の入試以外は主人も一緒に行きました。合格発表も一緒です。受かると信じていたある学校が不合格だった時、娘本人よりも主人が落胆していました。でも本人の手前、平気な顔をしていたのがちょっと健気でした。
また、別の学校の合格発表では塾のビデオ撮影が入っていて、だいたいはお母さんと子どもで映っているのに、ウチは主人と娘が映りました。合格してニコニコしながら娘を見ている主人の姿が今でも忘れられません(笑)。

 

きっとパパの笑顔が素敵だったのでしょうね。

 

Oママ

入試本番は、ほぼ私一人で動きました。ネットでの発表が多かったので、そこまで人手が必要な事態にはならなかったですね。1校が不合格になった時、私はこの後の受験がどうなるのかと心配でしたが、父が「全部受かっても面白くないよ。不合格は人生経験になる!」と言ってくれました。とはいえ一番ショックを受けていたのは父でした(笑)。孫にはショックを受けているところを見せないようにして、「平気、平気」と言っていたのが印象的でしたね。

 

Tママ

インターネットで出願する学校が多く、私がその辺のことに疎いので、出願や振り込み関係はすべて主人に任せました。
実は主人、わが家では“ラッキーボーイ”と呼ばれているんです(笑)。これまで模擬試験に主人が付き添うと、私とた時よりも好成績が取れることが多かったので。なので主人が休みの入試日には付き添役として同行してもらいました。「ウチのラッキーボーイがついて行くから大丈夫だよ」と息子に言うことで安心感を与えられたと思います。合格発表も私一人では見る勇気がでなかった学校に主人と一緒に行きました。そこで合格をいただきました。

 

まさに“ラッキーボーイ”の面目躍如ですね。

 

Tママ

わが家では、私が中心となって息子を見て、主人はその周りを固めて受験できる態勢を整えるという役割分担だったのかなって思います。

今月の先輩ママたち

Yママ

私立女子進学校中1のママ。自営業。

Oママ

私立女子進学校中1のママ。フルタイム勤務。

Tママ

私立男子進学校中3の長男と、別の私立男子進学校中1の次男のママ。パート勤務。

Kママ

私立男子進学校高2の長男と、別の私立男子進学校中1の次男のママ。専業主婦。