進学通信2019年9月号

今月のテーマ
家族で乗り越えた中学受験と私学への期待

中学受験では家族の協力が不可欠と言われます。ママがリードする家庭は多いようですが、パパやそのほかの家族はどのように関わると良いのでしょうか。今年、お子さんが中学受験をしたママたちに、“家族の協力”についてお話をうかがいました。

【2】パパの役割はママの精神安定剤

精神安定剤になってくれたパパに感謝

 

Kママ

ウチも協力的ではありますが、とくに長男の受験の頃、主人は単身赴任中で、基本的に私が決めて報告するというスタイルでした。週末に夫が帰ってきた時は一緒に文化祭へ行くこともありましたし、4歳下の次男の相手をして、私が長男の受験に専念できるようにしてくれました。
主人のサポートでいちばん助かったことは、私の“精神安定剤”になってくれたことですね。 私が不安になった時は大らかに受け止めて、「大丈夫だよ」と言ってくれるんです。 実際は受験に関する細かいことなどはわかっていないので、その「大丈夫」に根拠はないのですが、不安を聞いてくれるだけで私はホッとできました(笑)。

 

そういう場面はどんな時にありましたか?

 

Kママ

小さなことですが、息子の成績がちょっと下がっただけでも心配で、私はピリピリしてしまいます。そんな時、主人に話すと、「大丈夫、大丈夫」と言ってくれました。 次のテストで元のレベルに戻ると、「ほら、やっぱり大丈夫だったでしょ?」と言って、とにかく私をなだめてくれましたね。

 

パパが学校を見に行くことはありましたか?

 


Kママ

学校説明会はすべて私が行きましたが、文化祭には家族で行くこともありました。父親目線のアドバイスをくれたり、“働く男”としての視点で意見を言ってくれたりしました。 私が偏差値に捉われていると、「そういうところで見るのではなく、6年間本人が楽しめて、“活躍できる社会人”に育ててくれる学校がいいよ」と言っていましたね。

 

パパならではのアドバイスですね。

 

Kママ

長男の時、ある学校へ行った際に“長男の表情が違う”ことに主人が気づき、息子に「この学校が好きでしょう? 目が輝いていたよ」と言っていました。何気ない一言が息子の心に残ったのか、結果的にその学校を受験し、入学することになりましたね。

 

お子さん思いのパパや家族が、受験に協力的だったことがわかります。

今月の先輩ママたち

Yママ

私立女子進学校中1のママ。自営業。

Oママ

私立女子進学校中1のママ。フルタイム勤務。

Tママ

私立男子進学校中3の長男と、別の私立男子進学校中1の次男のママ。パート勤務。

Kママ

私立男子進学校高2の長男と、別の私立男子進学校中1の次男のママ。専業主婦。