進学通信2019年7月号

今月のテーマ
中学受験を乗り越えて実感したわが子の成長

子どもにとっても保護者にとっても、ビッグイベントとなる中学受験。今回は、2019年の中学受験を経験し、私立中学に入学したばかりのお子さんを持つママたちに受験生活を振り返っていただきました。

【1】地域の環境や身近な人の経験もきっかけに

上の子で私学の良さを実感 下の子も通わせたい

 

まずは、お子さんが中学受験をされたきっかけを教えてください。

 


Tママ

長男は、周りの友達が受験すると聞いて「自分もチャレンジしたい」と言うので塾に通わせることにしました。次男は兄を見て、「自分も受験したい」と言ったのがきっかけでしたね。通塾は、小3の2月からです。

 

Kママ

ウチも小3の2月から受験勉強を始めました。長男を見ていて「お兄ちゃんと同じことをする」という感覚だったようです。長男が通塾した理由は、受験する人が多い地域に住んでいたことですね。とりあえず通塾を始めたところ、本人が勉強好きなタイプだったこともあり、そのまま流れに乗って受験しました。長男が私学でイキイキと学校生活を送り、いい方向に成長しているので、下の子も、ぜひ私学に通わせたいと思ったことも大きいですね。

 

Oママ

同じ年の姪が塾に行き始めたので、「じゃあウチも行こうか」という軽い気持ちから、小4で入塾しました。最初に受けた塾のテストの成績がとても良く、塾の先生が熱心に「受験したほうがいいですよ」と勧めてくださり、最後まで続けることになりました。

 

Yママ

最初は公立中高一貫校に興味を持ち、塾のテストを受けてみたところ少し可能性がありそうだったので、小4の冬に冬期講習を受けてみました。すると、本人が塾の友達と話すのが楽しいと言い、小5から正式に入塾することに。その後、公立中学の適性試検は娘に向いていないと思い、私立中学志望に変更しました。

今月の先輩ママたち

Tママ

私立男子進学校中3の長男と、別の私立男子進学校中1の次男のママ。パート勤務。

Kママ

私立男子進学校高2の長男と、別の私立男子進学校中1の次男のママ。専業主婦。

Oママ

私立女子進学校中1のママ。フルタイム勤務。

Yママ

私立女子進学校中1のママ。自営業。