進学通信2019年4・5月号

今月のテーマ
きょうだいでも一人ひとり異なる中学受験

お子さんが何人かいる場合、全員中学受験をさせるべきか考えている方もいらっしゃるかもしれません。2人目、3人目の中学受験で気をつけることはあるのでしょうか。複数のお子さんの中学受験を経験したママたちに、「きょうだいの受験」についてうかがいました。

【3】中学受験が与えてくれた良い環境

子どもの力を伸ばすためにしっかりサポートを

 

お子さんたちにとって、中学受験で得たものとは何でしょう。

 


Tママ

3人それぞれ良い環境で中高生活を送ることができています。公立のママたちの話を聞くと、高校受験が終わって高校に入るとすぐに大学受験の準備で、ゆっくりする時期がないのではないかなと思います。また、長女は推薦で大学が決まり、中高6年間一度も塾に通わず、大学受験にお金がかからなかったのもありがたかったです。本人は学校の勉強をがんばりましたが、私は予備校を探したり、夜の送り迎えをしたりする必要もなく、とても楽でした。

 

Sママ

子どもたちは学校で、がんばる友達がたくさんでき、刺激を受けています。友達や先生に恵まれた学校生活は楽しそうで、本当に全員受験させて良かったと思います。

 

受験を控えている方に、アドバイスをお願いします。

 

Tママ

きょうだいを比較しないのはもちろん大切です。また、それぞれの子どもに合った方法で褒めてあげるといいと思います。

 

Mママ

学校選びでは、良いところを見つけるため、学校へ行った際には在校生に話しかけることをお勧めします。ウチも子どもを連れて行った時に、在校生に「がんばってね。待ってるよ」と言われたことが、息子のモチベーションにつながりました。

 

Sママ

ウチは3人とも途中で塾を変わっているのです。子どもに合わないと思ったら、転塾を考えてもいいかもしれません。学校選び同様、塾選びも大切にしてください。

 

お母さま方、ありがとうございました。きょうだいの受験を考えている方は、ぜひご参考にしてください。

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高3の長女、私立男子進学校高1の長男、私立共学進学校中2の次女のママ。

Mママ

私立男子進学校を卒業した長男と、別の私立男子進学校高1の次男のママ。

Sママ

私立男子進学校を卒業した大学3年生の長男、私立女子進学校高1の長女、私立男子進学校中2の次男のママ。