進学通信2013年11月号

今月のテーマ
志望校の決定は一大事!わが家の受験校選びのポイント

私立中学受験をする家庭にとって避けて通れないのが、 受験校選び。校風か偏差値か、はたまた子どもの希望 か家庭の教育方針か。さまざまな指標の中で、多くの 家庭が学校選びに悩んでいるのではないでしょうか。 先輩ママ達はどのように情報収集をし、受験校を決め ていったのでしょうか。

【テーマ1】情報収集は実際に学校へ足を運ぶことが一番!

学校に行って雰囲気を感じ取ることが大切

Mママ

Mママ

学校のホームページやインターネット上の掲示板も見たりしましたが、やはり、実際に行ってみてわかる雰囲気というものがあります。興味を持った学校には必ず出かけ、自分の目で確かめるようにしました。

 

 

受験情報関連の本で学校を知る

Kママ

Kママ

『学校ガイド』のような受験情報の本を参考にして、良さそうなところに私と子ども二人で見に行きました。あとは同じ小学校だった先輩が通っている学校もチェックしました。クチコミの力は大きいですね。

 

「ここ!」と思った学校は何度も訪問!

Aママ

Aママ

 学校の様子を知るには、塾主催の学校説明会がいちばん参加しやすくて役立ちました。小4くらいから、まず私が出かけて良さそうだと思う学校の文化祭に子どもを連れて行きました。小6の秋には、実際の受験日を考慮してスケジュールを組み立てながら、願書を手に入れがてら、再度学校説明会に足を運びました。

 

インターネットでできたママ友が情報減

Iママ

Iママ

塾のママ友からも学校情報を得ました。また、インターネットのSNS ※で知り合った受験生ママや先輩ママの話がとても頼りになりました。匿名の掲示板などは、情報が偏っているので参考にした程度ですね。 ※ソーシャル・ネットワーキング・サービス

 

本人の希望を最大限尊重

Sママ

Sママ

娘は学校に対する好き嫌いが激しくて、なかなかいいと思える学校に出会えませんでした。6年生の後半まで決まらずにいたところ、唯一「ここならいいかも」と娘が言ったところが第一志望校になり、そこに入学。何が良かったのか、未だに私にはわかりません(汗)。

 

 

Iママ

私立男子進学校 高校 1年生と、公立小学校 5年生女子、3年生男 子のママ

Aママ

私立女子進学校 高校 1年生と、公立小学校 5年生男子のママ

Nママ

私立共学進学校 中学 3年生女子と、公立小 学校5年生男子のママ

Sママ

私立女子進学校 中学 3年生と、公立中学1 年生男子のママ

Mママ

私立共学進学校 中学 3年生男子と、私立女 子進学校 中学2年生 のママ

Kママ

私立女子進学校 中学 3年生のママ