進学通信2013年9月号

今月のテーマ
学校行事は保護者も大変!?文化祭・体育祭・合唱コンクール

文化祭や体育祭をはじめとする行事には、学校の特色がよく表れます。秋は学校見学のシーズンです。先輩ママに聞く“学校行事の実態”を参考にしてみてはいかがでしょうか

【テーマ1】文化祭やバザーは親の出番が多い!?

文化祭に訪れる女子高校生に引きぎみの男子

Smama

Sママ

男子校の文化祭には、女子高校生がけっこう押し寄せてきます。ウワサによると女子高校生たちは「自分の学校の制服」「なんちゃって制服」「私服」を、訪れる学校によって使いわけているそうで、なかにはかなり派手な雰囲気の子もいます。私立一貫校の男子って、真っ直ぐでまじめに育った子が多いので、中学生の頃はそんな女子高校生に引いている子がほとんどみたい。息子の友達の〝イケメンくん〟は、中1のときに女子高校生に「携帯のメールアドレス教えて」と言われ、断りきれずに教えてしまったとか。もちろん送られてきたメールに返事は出せなかったそうです(苦笑)。でも、高校生になれば、とくに男子校の生徒は「文化祭が楽しみ♥」になるようです。

悪い虫がつかないようにママたちが見張り役!?

Amama

Aママ

ある男子校の運動部では、文化祭で招待試合を行うらしく、女子高校生も大勢応援にやってくるんですって。「男子校の文化祭にくる女子は〝肉食系〟だから、息子たちを守らないと!」と使命感に燃えたママたちが、文化祭の開催期間中、一日中部室の前で見張っているらしいですよ。男子のママは大変みたい(苦笑)

 

バザー用の手作り品作っているのは一体誰!?

Amama

Aママ

9月号文化祭と同時に行われるバザーでは、子どもが手芸作品を一つ作って提出するのが決まり。手芸好きな生徒は自分で作ることもあるのでしょうけれど、そんな暇のない生徒がほとんど。けっきょく、母親やおばあちゃんに作ってもらって提出しているようです。なかにはその年のバザーで買ったものを翌年の提出用にしたり、よその学校の文化祭で購入したものを提出したりする生徒もいるんですって。けっこう負担になっているんじゃないかな。

 

親の負担がハンパじゃない!バザー担当役員は苦労の連続

Omama

Oママ

バザーに出すものは、学年ごとのテーマに基づいて親の手作り手芸品を全員が提出。ほかに役員の指示のもと、お菓子などを作り、さらに金額が決められた市販品の提出が求められます。バザー担当役員になると、それはもう大変。皆さんにお願いする手芸品の見本やキットを作ったり、提出後の手直しをしたりと、かなり手間暇がかかるんです。バザー直前の時期には週2~3回学校へ通い、前日、当日、翌日は朝から夕方まで立ちっぱなしで作業。もうフラフラ! でも、バザーは近隣の方に好評で、収益も上がって学校に貢献できたし、役員同士で仲良くなれたので、得たものも大きかったです。

 

文化祭は受験生のため?

Amama

Aママ

娘の学校の文化祭は、在校生のためというより、受験生を楽しませるためという色合いが濃くて、親が見てもあまり面白くないのが正直な感想です。確かに、娘も小学生のときにはいろいろ体験させてもらって、惹きつけられていましたが……。在校生や実行委員たちが一丸となって盛り上がる学校が、ちょっとうらやましい気もします(苦笑)。

 

親の負担がハンパじゃない!バザー担当役員は苦労の連続

Omama

Oママ

バザーに出すものは、学年ごとのテーマに基づいて親の手作り手芸品を全員が提出。ほかに役員の指示のもと、お菓子などを作り、さらに金額が決められた市販品の提出が求められます。バザー担当役員になると、それはもう大変。皆さんにお願いする手芸品の見本やキットを作ったり、提出後の手直しをしたりと、かなり手間暇がかかるんです。バザー直前の時期には週2~3回学校へ通い、前日、当日、翌日は朝から夕方まで立ちっぱなしで作業。もうフラフラ! でも、バザーは近隣の方に好評で、収益も上がって学校に貢献できたし、役員同士で仲良くなれたので、得たものも大きかったです。

 

文化祭終了後に先輩に手紙を書く習慣が!?

Smama

Sママ

文化祭終了後も、しばらく忙しい日々が続いていました。部活の先輩全員に直筆の手紙を書くという決まりがあったからです。先輩一人ひとりのいいところを探し、全部文面を変えて書くので、先輩が何十人もいる部活の子たちはかなり大変です。上下関係を学ぶいい機会だとは思いますが、厳しいオキテに、下級生たちはみんな不満を抱えていたみたい(苦笑)。

 

大学受験をかけて勝負に出る高3生!

Amama

Aママ

体育祭は全校を縦割りにして、紅白2チームに分かれて競うのですが、全体的にはあまり盛り上がりません(苦笑)。ただ、高3だけはなんだか真剣。それは〝体育祭に勝たないと大学受験がうまくいかない〟というジンクスがあるからだそうです。応援の仕方も気合の入り方が違っていて、一部だけがとても盛り上がっています。ほかの学年はまったく協力していないんですけどね……。とにかく優勝できれば志望大学にも合格できるっていうのが、生徒たちのモチベーションアップにつながっているらしいです。

 

 

Sママ

私立女子進学校を卒業した大学3年 生と、私立男子進学校の高1生のママ

O ママ

私立女子進学校の高1生のママ

A ママ

私立女子進学校の高1生と、 公立小学校5年生男子のママ