進学通信2013年6月号

今月のテーマ
勉強・人間関係・家庭のしつけ入学してわかった私学の現実!

私立中学に入ってみたはいいものの、「こんなはずじゃなかった」「びっくりすることがいっぱい!」という先輩ママたちのつぶやきや素朴な疑問。 受験生家庭にとっては気になるところです。私立中学って、いったいどんなところなの!?

【テーマ2】友達関係に最初は驚いたり悩んだり!

コミュニケーション下手な男子同士で人間関係を学ぶ!?

Sママ

Sママ

息子はコミュニケーション下手。そういう子が実はとても多い学校でした。その中では下手な子同士でうまくコミュニケーションを学んでいくようで、いい感じに育っている気がします。中高時代にしっかり成長して「〝人間〟になってください」っていう気持ち(笑)。もし共学校だったら、ウチの子なんてさらにコミュニケーションが苦手になっていたかも。男子校で良かったと思うわね。ただ、先輩ママによると、高2あたりから周りに女子がいない環境に焦るらしい(笑)。

 

だんだんと人づき合いを学んでいく中高生活

Kママ

Kママ

 娘は知っている子が一人もいない学校に入学したので、慣れるまで自分の素を出せず、かなりストレスになっていたみたい。中1の5月にはストレスから体調をくずしてしまって。友達とのメールのやりとりで誤解を招くなどトラブルも経験したようだけど、徐々に関係を築いていったみたい。1学期が終わる頃には仲のいい子が決まってきましたね。

オリエンテーション合宿で様子をうかがい友達探し

Mママ

Mママ

 教室では席が近い子や部活が同じ子としか話す機会はないけれど、入学後のオリエン合宿で班に分かれて係の仕事や生活をするうちに、いろいろな子と話せるようになったみたい。女子って最初は様子をうかがって相手に話を合わせたり、一人でいる子に話しかけたりと、気を遣う子が多いのね。ささいなトラブルはあってもイジメの話は聞かないですね。

ささいなトラブルもコミュニケーションのうち
女子は人間関係に気を遣う!?

AKB・ジャニーズ・漫画やアニメ趣味の合う子でグループづくり

Hママ

Hママ

中1の1学期に、だいたい4つぐらいのグループができていたようで、趣味や好きなもので分かれるというかんじ。〝AKB好き〟〝ジャニーズ好き〟〝漫画やアニメ好き〟、そして男の子に興味があって〝男子校の文化祭へ行くのが好き〟というグループができていたみたい。中学時代にすでに彼氏ができていた子もいましたね。ウチの娘は二次元の世界しか興味がないので、もちろん漫画・アニメ派(笑)

mamas1306p121

初めての遠出にドキドキでも遊び方は健全!

Kママ

Kママ

 中1のとき、初めて子どもだけでディズニーランドへ出かけたことがあったわ。最初は心配で「○時になったら連絡入れなさいね」って細かいことを言っていたけれど、もう慣れたわね。最近では友達の地元で映画を観て公園で遊び、最後にクレープを食べるというのが「遊び」の定番。渋谷や原宿などの繁華街はコワイイメージがあるみたいで行きたがらないわね。ウチの娘の仲良しグループは学校に誇りを持っているらしく、「学校の名に恥じるような行動はしない」と決めているみたい。

女子特有のトラブルで親も娘と一緒に悩む

H ママ

H ママ

 上の娘が中1のとき、クラスに人気者がいて、その子が娘を気に入ってくれたので仲良くしていたら、別の子がヤキモチを焼いて娘をいじめることがありました。中1のときはそんなゴタゴタが結構あって、当時は私も一緒に悩みましたね。ところが子どもたちは6年かけて付き合い方を学んだようで、だんだんお互いを認め合えるようになり、トラブルも減っていきました。大学生になった今も3人は仲が良くて、月に1回は会っているみたい。きっと一生の友になるわね。

今月のママたち

Hママ(高1女子)

私立難関女子 校を卒業した 大学生と、別の 私立難関女子 校に通う高1生 のママ。

S ママ(高1男子)

私立難関男子 校の高1生、公 立小学校に通 う小5女子、小 3男子のママ。

K ママ(中3女子)

私立大学付属 女子校に通う 中3生のママ。

M ママ(中3女子)

私立女子進学 校の中3生と、 公立小学校に 通う小5女子の ママ。