進学通信2018年9月号

今月のテーマ
6年間をどう過ごす!? 私立中高生の学校生活

私立中学校に入学すると、どのような学校生活が待っているのでしょうか。学習面、部活動、学校行事など、気になることがたくさんありますね。私立中高に通うお子さんをお持ちの先輩ママたちに、お話をうかがいました。

【1】朝早く起きて電車やバスで通学

お子さんたちの通学時間はどのぐらいですか?

 

Tママ

わが家の子どもたちは、それぞれ1時間から1時間15分ぐらいです。家から駅までバスを使うので、少し余裕を持たせています。通学で予想外だったことは交通費。上の娘の学校は、金額の高い路線を使う必要があり、学割を使っても半年の定期代が7万円もするのです。ただ、始発で座れるので、電車の中で勉強ができるというメリットはあります。

 

事前に交通費についても調べておく必要がありますね。

 

Tママ

真ん中の子も座って通えるのですが、それが落とし穴! 寝てしまうことが多々あり、何度か学校に遅刻しているようです。息子は遅刻したことをいちいち私に言わないので、学期末にもらう成績表に「遅刻○回」と書いてあって知りました。「駅に着く頃にモーニングコールしようか?」と言ってみましたが、「それだけはやめて」とうるさがられてしまいました。下の娘の学校は、3人の中で一番近くて、電車に乗っている時間も15分と短く、気持ち的に楽です。いざというときは車で送ることもできますし、「近いっていいな」と思います。

 

Uママ

受験校決定の段階で、大学付属校なら遠くてもいいけれど、進学校であれば大学受験の勉強に支障がないように近いところがいいなと思っていました。それから、学校の最寄り駅から学校までの距離が短い学校がいいと考えました。雨が降っている中を長時間歩くのは負担がかかりますからね。結果的に、娘は大学付属校に入学し、1時間半かけて通っています。時間はかかりますが、駅から学校までが近いのは気に入っています。電車に乗っている時間が長いので、英語の勉強でもしてくれたらいいのですが、実際は一緒に通っているお友達とおしゃべりをしているようです。

 

Oママ

上の子の学校は、接続がよければ40分ぐらいで行ける距離ですが、バス便を使うので待ち時間が長く、1時間半ぐらいかかっていました。それがけっこう負担だったので、高2の途中から1年半ぐらいは、受験勉強もありますし、帰りが遅くなることも多かったので、私が自宅の最寄駅まで車で送迎していました。下の子は、1時間あれば余裕で行けるので、だいぶ楽ですね。

 

朝は何時頃に起きていますか?

 


Oママ

今、下の子は5時半に起きて、6時50分に家を出ています。朝はゆっくり支度をしたいみたいですね。「髪型が決まらない!」とよく騒いでいます。

 

Uママ

ウチも5時半に起きて、6時半に家を出ています。私も5時半に起きてお弁当を作っていますよ。

 

Tママ

早いですね。ウチの子どもたちはそんなに早く起きません。とくに息子は、6時20分に起きて10分後に家を出ています(笑)。朝ごはんは食べずに出かけて、学校近くのコンビニでおにぎりを買うのが彼のブームのようです。女の子たちは、しっかり朝ごはんを食べて行くのですが……。今、私は自分の分も含めて4人分のお弁当を作っています。作る時間は20分ぐらいですね。

 

Oママ

手際がいいですね。コツはなんですか?

 

Tママ

適当なんです(笑)。見た目は気にしません。生協で購入した冷凍食品をうまくおかずの間に詰めて完成させています。

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高校3年生の長女、私立男子進学校高校1年生の長男、私立共学進学校中学2年生の次女のママ。

Uママ

難関私立大学1年生の長男と、私立女子大学付属校中学1年生の長女のママ。

Oママ

私立中高を卒業した難関国立大学1年生の長女と、私立共学進学校高校1年生の次女のママ。