進学通信2019年2・3月号

今月のテーマ
私立中高6年間の学校生活で得たものとは

中高時代の6年間は、心も体も大きく成長する時期です。どんな教育環境で育つのが望ましいのでしょうか。私立中高を卒業したお子さんと卒業を目前に控えたお子さんのママたちに、6年間を振り返っていただきました。

【5】ママ友達もたくさんできて満足

私学でできたママ友達 卒業後もお付き合いは続く

 

お母さん自身の生活は、6年間で変わりましたか?

 

Tママ

仕事をする時間が増えました。最初の子の中学受験の頃はパート勤務でしたが、どんどん仕事の時間を増やしていき、現在は派遣社員としてフルタイムで働いています。また、子どもががんばっているから私もステップアップしようと思い、勉強してスキルを磨いているうちに、6年前よりも時給が千円上がりました。

 

Sママ

Mママ

すごいですね!

 

Tママ

その分、家にいる時は疲れてゴロゴロしてしまって、子どもにはあまりカッコイイ姿は見せられていないんです(笑)。

 

PTAの参加や、お母さん同士のお付き合いはいかがでしたか?

 

Mママ

私は高校の3年間、長男の学校の役員をしました。高3のクラス役員としては、「卒業後も集まりたい」というママ達の声を受けて、飲み会を開いたり、LINEのグループを作ったりしました。今は幹事持ち回り制で飲み会を行っています。また、学校のPTAのサークルにも参加しました。サークルは子どもが卒業しても残れるので、引き続き活動しています。保護者との付き合いは深いですね。

 

私学のお母さん同士は友達になりやすいと聞きます。

 

Mママ

同じ学校には息子が好きで、学校のことを知りたい、友達がほしいというお母さんがたくさんいました。皆さん教育を含め、いろいろな価値観が似ているので、仲良くなりやすかったですね。今は下の子の部活動の保護者会で忙しくしているのですが、次男も卒業したら、“PTAロス”になりそうです(笑)。

 


Sママ

私も、長男の学校にはいくつかの飲み会仲間がいます。中1のクラスのお母さんたちとはかなり続いていますね。それから高3の時のクラス。ほかにも気の合うママ友達がたくさんできました。「私学のママとは気が合うな」と気づいて、3人目の子が中学受験するかどうか考えていた時に、「公立ではママ友達ができないかもしれない」と思ったほどでした。「3人目も私学で良かった」と思っていたら、次男の学校は保護者会がないとわかり、驚きました。

 

Tママ

長女の学校はクラスの保護者会はありましたが、親同士が外で集まることは禁止されていました。部活動の保護者会もなかったですね。私学とはそういうものなのかと思っていたら、2人目の子どもの学校は、ランチ会が多くて、学期ごとはもちろん、積極的にLINE交換をして、ひんぱんに集まっています。男の子は、本人から伝わる情報が少ないので、ママ同士で情報交換したいという人が多いのだと思います。集まりはとても楽しくて、ホッとできる場面が多いですね。保護者の付き合いも、学校によってカラーがまったく違うと思います。

 

お子さんの中高時代に、お母さんたちもそれぞれいいお友達ができたようですね。お子さんたちは、6年間でしっかりと学力をつけて充実した学校生活を送ってこられたようです。保護者の皆さんから私学の中高生活の豊かさが伝わってきました。受験生家庭でも、先輩ママのお話を参考に、いま一度、大きく成長する6年間の教育環境について考えてみてはいかがでしょうか。

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高3の長女、私立男子進学校高1の長男、私立共学進学校中2の次女のママ。

Mママ

私立男子進学校を卒業した長男と、別の私立男子進学校高1の次男のママ。

Sママ

私立男子進学校を卒業した大学3年生の長男、私立女子進学校高1の長女、私立男子進学校中2の次男のママ。