進学通信2019年2・3月号

今月のテーマ
私立中高6年間の学校生活で得たものとは

中高時代の6年間は、心も体も大きく成長する時期です。どんな教育環境で育つのが望ましいのでしょうか。私立中高を卒業したお子さんと卒業を目前に控えたお子さんのママたちに、6年間を振り返っていただきました。

【4】安心感をもって6年間を見守れた

似たような生徒が多いのは 学校のカラーに染まるから

 

中高の6年間は心身の成長が著しい時期ですが、どんな環境で過ごすことが望ましいと思われますか?

 


Tママ

娘の学校はキリスト教の教えを基盤にしているので、他者を思いやる心を大切にしています。東日本大震災の支援活動を通して、家庭だけでは教えられない大切なことを学んだと思います。また、似たようなおっとりとした生徒が多かったので、安心して通わせられました。こう言うと語弊がありますが、公立はいろいろな子が集まってくるので、「付き合ってほしくないな」という子もいるかもしれません。でも、そうした心配はまったくなく6年間過ごせたことに感謝しています。

 

逆に心配な点などはありますか?

 

Tママ

温室のような環境だったので、これから大学に行き、社会へ出るにあたって心配な面も確かにあります。そこは学校も気にしてくださっているようで、高3の最後に特別カリキュラムを用意し、“大学生になったら気をつけること”を教えてくださるそうです。大学のサークルやアルバイト先で起こりうる危険なことなどの例を挙げて、自分の身は自分で守ることの大切さを伝えてくださるとのことで、さすが女子校だなと思いました。私が言っても「お母さんは大げさよ」と言ってなかなか聞いてくれないので、学校で教えてくださるのはありがたいですね。

 

中高時代を安心な環境で過ごせるだけでなく、卒業後の指導も受けられるのですね。

 

Sママ

娘の学校で感じたことですが、入学時はおとなしい子から元気な子までいろいろな生徒がいたのに、高校生になった今、みんな似てきて全員活発になっています。娘もずいぶんしっかりしてきたと思います。これは“学校カラーに染まる”ということなのかなと思っています。入学当時、確かに先輩たちはみんな活発でした。女子は先輩への憧れが強いので、「先輩のようになりたい」という気持ちが強く、だんだん似てくるという面もあるように思います。ですから中学受験では、「こういう子になってほしい」と思う生徒が多い学校に入れるといいのかもしれません。

 

校風をよく見て学校を選ぶことの大切さを感じますね

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高3の長女、私立男子進学校高1の長男、私立共学進学校中2の次女のママ。

Mママ

私立男子進学校を卒業した長男と、別の私立男子進学校高1の次男のママ。

Sママ

私立男子進学校を卒業した大学3年生の長男、私立女子進学校高1の長女、私立男子進学校中2の次男のママ。