進学通信2019年2・3月号

今月のテーマ
私立中高6年間の学校生活で得たものとは

中高時代の6年間は、心も体も大きく成長する時期です。どんな教育環境で育つのが望ましいのでしょうか。私立中高を卒業したお子さんと卒業を目前に控えたお子さんのママたちに、6年間を振り返っていただきました。

【3】手厚い指導は私学ならでは

Mさんのご長男は現在浪人生ということですが、卒業生に対する学校のサポートはありますか?

 

Mママ

卒業生に対しても、よく見てくださっていると感じます。先日も証明書などをもらいに学校へ行った時に、息子は先生にいろいろなアドバイスや激励の言葉をかけてもらったと言っていました。
また、ある教科の非常勤の先生に至っては、自分が授業を持っていたクラスで浪人している卒業生のために、自宅で講座を開いてくださっています。講座が終わると、車で生徒の家の最寄りのターミナル駅まで送るという徹底ぶり。それもすべて無償です。「自分が最後までこの子たちの面倒を見る」とおっしゃっているそうです。そんな熱心な先生はなかなかいらっしゃらないですよね。息子は予備校の授業と重なっていて、その先生の講座には行けないのが残念です。

 

生徒への愛情が深いですね。息子さんの浪人生活はいかがですか?

 

Mママ

第一志望の大学が不合格だった時、息子は「もう1年やらせほしい」と言ってきました。私は「がんばると言うならやりたいようにやりなさい。その代わり2浪はないからね。1年は認めます」と言い、浪人が決まりました。息子は真面目に勉強に取り組んでおり、夏頃からスマートフォンも「預かってくれ」と言うので、私が持っています。ちょっと真面目すぎるので心配しているぐらいです。

 

ストイックなのですね。志望大学はどのように決まったのですか?

 

Mママ

中学時代に行った大学のオープンキャンパスです。初めて行った大学がとても楽しそうで、サークルまで調べて、「この大学に行きたい」とずっと言っていました。

 

私学は大学進学を早い時期から意識させることが多いのですね。

 

Mママ

よく中学の夏休みの宿題で、大学のオープンキャンパスに行くように言われるようですね。早い時期から目標を定めさせて、そこから逆算していつからどのように努力するべきかを考えるように仕向けられるのではないでしょうか。

 

学校では大学受験に向けた講習などはありましたか?

 

Mママ

夏休みや冬休みなどに講座が設けられていました。高3ともなると講座数が増えるので大変でした。息子も講座に出席したり、学校の自習室で夜8〜9時まで残って勉強したりしていました。わからないところがあると先生に聞きに行き、弱点補強のための参考書や問題集を教えてもらって取り組んでいました。そうした手厚い指導については大変満足しています。

 

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高3の長女、私立男子進学校高1の長男、私立共学進学校中2の次女のママ。

Mママ

私立男子進学校を卒業した長男と、別の私立男子進学校高1の次男のママ。

Sママ

私立男子進学校を卒業した大学3年生の長男、私立女子進学校高1の長女、私立男子進学校中2の次男のママ。