進学通信2019年2・3月号

今月のテーマ
私立中高6年間の学校生活で得たものとは

中高時代の6年間は、心も体も大きく成長する時期です。どんな教育環境で育つのが望ましいのでしょうか。私立中高を卒業したお子さんと卒業を目前に控えたお子さんのママたちに、6年間を振り返っていただきました。

【1】大学受験の指導は学校によりさまざま

中高の6年間を見据えた学習環境が整う学校も

 

6年間の学校生活で、学習面についてはどのような感想をお持ちですか?

 


Mママ

入学前から息子の学校は面倒見がいいとは聞いていました。確かに中学の間にしっかりと学習習慣をつけてくれるので、高校に上がると先生は手を離しますが、自分で勉強できるようになります。こまめに補習や小テストなどもしてくれて、成績が上位と下位の生徒にとっては良い環境だったと思います。ただ、高2ぐらいまでは、うちの子のように中間層の生徒には、やや手薄かなと感じていました。もちろん自分から質問に行けば、ていねいに応じてくださるのですが……。

 

大学受験の頃にはどのような体制になるのですか?

 

Mママ

高3になるとコース別のクラス編成になり、クラスメートほぼ全員が同じ大学をめざし、勉強するようになりました。席順も1年間変わらず、この時はクラス全員にとって大変良い学習環境だったと思います。息子も隣の席の子と切磋琢磨して、一生懸命がんばりました。ところが、その友達は合格、ウチは不合格という結果に。息子は浪人して翌年の受験に備えることになりました。すると、その友達は、「自分も君のおかげでがんばれたから、来年の入試の日は校門で待っていて応援する」と言ってくれました。

 

とてもいいお友達ですね。Sさんのご長男は、難関校と言われる中高を卒業されましたね。

 

Sママ

息子の学校は超難関大学をめざす生徒が多く、ご家庭もそこに向けて一生懸命という雰囲気でした。ウチは、「大学は行けるところでいい」という方針だったので、高3で急に周りが大学受験一色になり、びっくり。息子も春に少し気持ちが切り替わって勉強し、成績も上がったのですが、夏が終わる頃にはやる気がなくなってしまったようでした。先生に相談したところ、「高3になると8割以上の生徒はスイッチが入りますが、まれに入らない子もいます。一浪ぐらい、いいじゃないですか」というお考え。「これは学校には任せられない」と思い、秋から私が情報収集して、息子にいいと思う大学を探しました。中学受験の頃を思い出しましたよ(笑)。

 

息子さんは、お母さんが提案した大学を受験したのですか?

 

Sママ

そうです。ただ、受験が終わってからは、合格した大学の中から、進学先は本人に選ばせました。息子は高校の友達に意見を聞き、多数決で大学を決めました(笑)。

 

中高の進路指導については、どう思われていますか?

 

Sママ

面倒見は良くなかったので、勉強や進路指導に関しては「どうだったのかな?」と今でも思います。ただ、本人は卒業する時に「この学校で良かった」と言っていました。地方の大学に行き、ホームシックにはかからなかったのに、〝高校シック〞にはかかったそうです(笑)。友達との学校生活がよほど楽しかったのでしょうね。

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高3の長女、私立男子進学校高1の長男、私立共学進学校中2の次女のママ。

Mママ

私立男子進学校を卒業した長男と、別の私立男子進学校高1の次男のママ。

Sママ

私立男子進学校を卒業した大学3年生の長男、私立女子進学校高1の長女、私立男子進学校中2の次男のママ。