進学通信2019年1月号

今月のテーマ
合格発表から中学入学まで 忘れられない小学生最後の春

中学受験は入学試験を受けて終わりではありません。合格発表、合格手続を経て、晴れて入学の日を迎えられるのです。2018年、お子さんの中学受験を経験したママたちに、合格発表以降の日々をどのように過ごしたのかお聞きしました。

【4】学校によっては読書や校歌の宿題も

制服採寸や教科書配布 それぞれの入学準備

 

入学前に、中学校の説明会などがあったと思います。

 

Mママ

合格手続をした直後に、一日だけ招集日があり、宿題の指示や制服の採寸がありました。学用品など必要な物もその日に購入できるようになっていて、お金を払ったら「制服も教科書もご自宅に届きます」と言われて終わりでした。宅配便で教科書が送られてきたのは、楽で良かったです。

 

Sママ

教科書は重いので、宅配便は助かりますね。ウチは学校まで取りに行きましたよ。説明会では、いろいろな注意事項などが書かれたプリントをいただき、「それを読んでください」と言われました。

 

Mママ

ウチも、「新入生のしおり」を渡されただけでほとんど説明もなく、わからないことだらけでした。心配で、その学校に通うお友達がいる方に、いろいろ聞きました。

 

制服の採寸は、問題なく終わりましたか?

 


Mママ

実は、ウチの子は受験勉強が終わった直後は太っていたんです。食べる量も多くなっていましたし、身体を動かすことが少なくなっていましたからね。採寸の時のサイズで制服を作ってしまうと、体型が変わってブカブカになるかもしれないので困るなと思っていました。すると、採寸が終わった後で職員の方が伝票を見て呼び出してくださり、「君はもう少し絞れてくると思うから、もう1度計りましょう」と言って、その時の体型より小さめのサイズで制服を作ってくださったのです。実際、運動を始めたら春休みに体型は元に戻り、制服もフィットしています。

 

何人もの新入生を採寸されてきた方は、体型の変化も予想できるのかもしれませんね。ところで、宿題の内容はどのようなものでしたか?

 

Mママ

本を読むことと、その要約と感想を書くこと、英語と数学の問題集、それから「入学式で歌えるように、校歌を練習してきてください」と言われました。

 

Nママ

ウチも校歌を覚える宿題が出ました。そのほか、英語や読書などの宿題があり、かなり量がありました。一方、高校入学を控えた上の子のほうは宿題が出なかったので、上の子の心配をしたのを覚えています。

 

Kママ

簡単な英語の冊子と、やはり校歌を覚えること。あとは今後読む本のリストが配られました。

 

Sママ

ウチの子の学校は、宿題はまったく出ませんでした。通っていた中学受験塾で英語の準備のための講座が開かれたので、それを受講させました。入学前の学習はそれぐらいでしたね。

今月の先輩ママたち

Sママ

私立女子進学校に通う中学1年生のママ。お子さんは一人っ子。

Nママ

高校受験をした兄(高1)と、私立共学付属校に通う中学1年生のママ。

Mママ

高校1年生の姉と、私立男子進学校に通う中学1年生のママ。

Kママ

私立女子進学校に通う高校1年生の姉と、私立男子付属校に通う中学1年生のママ。