進学通信2018年12月号

今月のテーマ
どうすれば いい? 入試までのパーフェクト・サポート

これから入試本番までは、親子それぞれに受験準備が忙しくなっていきます。万全の態勢で入試当日を迎えるためにはどうすればいいのでしょうか?2018年の中学受験を経験したママたちにお話をうかがいました。

【1】願書作成から出願 着実に準備を

出願の準備についてうかがいます。願書の写真はどこで撮影しましたか?

 


Sママ

近所の写真館です。1月校の出願をする12月中旬の1週間前に撮りに行きました。土・日も塾で、なかなか美容院に行く時間がなく、ギリギリになってしまいました。

 

Mママ

上の子の時はデパートの写真館で撮りましたが、下の子は男の子だからあまり気にせず、近所のカメラ屋さんで撮りました。模試の帰りに美容院で髪をカットしてから行きましたね。その後、願書に写真を貼る時になって慌てたことがあります。1校だけ写真のサイズが違ったのです。確認しなかった私のミス。急いでカメラ屋さんにデータを持って行き、焼いてもらいました。提出期限まで多少時間に余裕があったので、なんとか間に合いました。

 

Nママ

ウチはデジカメで撮って、自宅のプリンターで印刷しました。受験校の説明会に行った際、それでもかまわないということだったので。でも、「スピード写真は不可」というところは何校かありました。

 

写真のサイズや撮影方法などは確認しておくといいですね。出願についてはどうでしたか?

 

Kママ

今はインターネット出願が増えていますよね。下書き、清書と時間がかかる手書きの願書に比べ、入力すればいいので楽でした。利便性は高くなったと思います。

 

Mママ

締め切り日の前日23時59分まで受け付けてもらえるところもあって、ありがたいですよ。

 

ぎりぎりまで受験校を考えられますし、わざわざ学校に出向く必要がないので便利ですね。手書きの場合は、やはり下書きをされましたか?

 

Sママ

ペンもいろいろ試して複数用意し、2回くらい下書きをしました。文字の配置を考えるのが大変で、訂正する時は二重線を引けばいいと学校では説明を受けましたが、書き損じたら新たに願書を買いに行こうと思っていました。

 

Mママ

私は最初から2部用意しました。1回目を書いてみると、書き間違いはしなかったのですが、緊張して震えた字になってしまって……。見栄えが良くないので書き直しました。

 

志望理由の記入欄はありましたか?

 

Sママ

あまり調べていなかった学校で、志望理由を書く必要がありました。そこで塾のサイトで見た「受験した人の体験談」や、その学校の説明会でいただいた冊子に「保護者の声」が掲載されていたので、それらを参考にして書きました。

 

出願はいかがでしたか?

 

Sママ

1校だけ、朝早く行きました。その日は1月校の入試があったので、私が娘の受験に付き添い、夫が出願担当と役割分担しました。夫は早朝から並びましたが、受験番号は並んだ順番ではなく、時間ごとに区切って抽選する方式で、思ったよりも後ろの番号になってしまいました。ギリギリに来た人が意外に早い番号をとっていたそうです。外で並び、学校の中に入って抽選を行い、願書のチェックを受けてやっと出願できるので、かなり時間がかかったようです。

今月の先輩ママたち

Sママ

私立女子進学校中1のママ

Nママ

高校受験をした高1の兄と、私立共学付属校中1・弟のママ

Mママ

高1の姉と、私立男子進学校中1・弟のママ

Kママ

高1の姉と、私立男子付属校中1・弟のママ