進学通信2018年10月号

今月のテーマ
私立中高出身ママの教育に対する考え方

中学・高校時代を私学で過ごしたママたちは、子どもの教育についてどのように考えているのでしょうか。自分自身の中学受験の経験や私学での学びが、教育観にどう関わっているのか、私学出身のママたちに尋ねてみました。

【4】私学で学ぶ意味を実感としてとらえる

ご自身もお子さんも私学で学ばれてみて、私学で学ぶ意味とは何だと思われますか?

 

Aママ

周りの環境に影響されやすい年頃に、ある程度似たような価値観を持つご家庭のお子さんと友達になれるというのがいちばん大きいです。娘は高校を卒業しましたが、期待通り友人関係が良好で、6年間いじめもなく、人間関係で嫌な思いはしなかったと思います。それから中高で課題や小テストに追われて勉強する習慣がついたので、今、大学で勉強することが苦ではなく、好成績をキープしています。
でも娘は、将来自分に女の子が生まれたら、中学受験はさせずに共学の公立高校で男子と楽しい青春時代を過ごさせたいと言っています(笑)。大学で、共学出身の女の子たちを見てうらやましいと思っているのでしょう。娘が出身校の良さを理解できるのは10年ぐらい先かもしれません。

 

Yママ

部活動でも趣味でも習い事でも、やりたいことに打ち込める期間が4年、5年と長くあります。次男は、苦手だけどやりたいと思ったことに部活動で取り組んでおり、4年目の今、苦手を克服しつつあります。継続して取り組むことの価値を感じています。

 

Fママ

しっかりとした教育理念が私学の魅力でしょうね。私はとくに宗教系の学校がいいなと思います。

 

Aママ

息子の学校では、さまざまな分野で活躍する卒業生が来校して、勤労観、職業観について話をしてくれる機会があります。そうした人材の豊かさは、やはり伝統校ならではという気がしますね。

 

Fママ

ウチの息子も男子校でしたが、年に数回、映画や舞台鑑賞などの文化教養を身につける機会がありました。また、テーブルマナー講習もありましたね。公立ではなかなか望めない教育を受けることができました。

 

Yママ

志望校に受かるかどうかは別として、同じ時期に中学受験のための勉強をしてきた子たちと同級生になれるので、価値観が似た友達ができやすいと感じます。
私の友人で、難関中学受験に失敗し、お子さんを公立中学に行かせた人がいます。そのお子さんは自分と友達との間にかなり学力差があったのでモチベーションが下がってしまい、中学の3年間はほかの子とリズムが合わず、つらかったそうです。でも、高校は志望校に合格し、ようやく学校生活を楽しめるようになったらしいです。同じ時期に同じ経験をすることは、子どもにとって大切なのだと思いました。

 

最後に、お子さんの人生に望むものをお聞かせください。

 


Aママ

大学受験からは、もう私は口をはさまないと決めています。自己責任で歩んでいってほしいです。

 

Fママ

自分の子どもであっても〝子どもは天からの預かりもの〟だと思い、社会に役立つ人になってほしいと考えて子育てをしてきました。実際に子どもたちが社会人になった今、きちんとした生業につき、食べることに困らずに生きていってくれることがいちばんの望みで、人の道を外さないでくれれば、それが社会貢献になるのかなと思っています。

 

Yママ

私も、人の役に立ち、喜んでいただける手応えを感じる。そういうことを大事にしてほしいと思います。
また、自分のやりたいことを見つけ、やり切ってほしいです。「自分で課題を見つけて、それに対してこういうことをやりたい。こういうことを解決したい。そのためにはどうしたらいいかと考えて、最後はやり切って成果を出す」ということですね。次男はまだ高1ですから、小さなことでもいいので思ったことをやり切る経験を在学中に少しでも多く積んで、将来に活かしてくれたらうれしいです。

 

私学で学んだお母さまならではの、しっかりとした教育に対する考えをうかがうことができました。中学・高校時代の環境は人格形成のうえで大きな影響を与え、その後の人生にも大きく関わってくるものだということを改めて感じます。お子さんの人生を考えて、私学で学ばせることを選んだお母さま方の教育観を、ぜひ参考にしてみてください。

今月の先輩ママたち

Fママ

地方の私立女子中学・高校出身。専門職。お子さん3人は私立中高で学び、大学を卒業して現在は社会人。

Aママ

東京の私立女子中学・高校出身。専業主婦。お子さんは私立女子進学校を卒業した大学3年生の姉と、私立男子進学校の高校1年生の弟。

Yママ

東京の私立女子中学・高校出身。公務員。お子さんは私立男子進学校を卒業した大学1年生の兄と、兄とは別の私立男子進学校の高校1年生の弟。