進学通信2018年10月号

今月のテーマ
私立中高出身ママの教育に対する考え方

中学・高校時代を私学で過ごしたママたちは、子どもの教育についてどのように考えているのでしょうか。自分自身の中学受験の経験や私学での学びが、教育観にどう関わっているのか、私学出身のママたちに尋ねてみました。

【3】子どもの中学受験は早くから意識

 

結婚されてお子さんが生まれた時には、どのように育てていこうと思われましたか?

 

Aママ

まずは勉強が基本です。勉強してからいろいろなことを考えられると思っていましたから、「勉強をさせなくては」と当然のように思っていました。最初の子が女の子だったので、私の母校に入れたいと思い、0歳の時から中学受験をさせようと決めていました。ウチは夫も中学受験組で、2人とも高校受験の経験がないので、中学受験のほうがスムーズに入っていきやすかったですね。

 

Fママ

私も周りの友人に私立中高の出身者が多かったこともあり、子どもたちには中高一貫校がいいなと思っていました。当時の友人で、公立中学に通っているお子さんをお持ちのママが、高校受験のための内申をとるのに、先生のえこひいきに悩んでいると言っていました。ですから公立に対する不信感のようなものがありました。

 

Yママ

子どもが生まれたばかりの時はまだ考えていませんでしたが、小学校へ入る頃には、できれば中高一貫校に入れたいと思っていました。私自身、高校受験をせずにのびのびとした環境で基礎学力を定着させることができ、それが最終的には大学受験に役立ったという思いがあるので。

 

小学校受験ではなく、中学受験を選ばれたのですね。

 

Yママ

自分自身の小学校受験については、あまり記憶がありません。母に聞いた話では、受かった小学校受験の当日、私は機嫌が良かったそうです。子どものその日の様子や行動で合否が決まるような小学校受験にあまりいいイメージを持てませんでしたし、子どもの幼児期はちょうど海外にいたこともあって、わざわざ帰国してまで小学校受験をすることもないと判断しました。私は経験していませんが、夫は中学受験経験者なので、長男の時はけっこう関わって教えていましたね。

 

ご自身が中学受験を経験したFさんとAさんは、その経験がお子さんの中学受験に役立ちましたか?

 


Aママ

勉強を教えることができました。いまだに算数などの問題は教えられますよ。息子の時は、毎朝私が漢字と計算の問題を作っていました。

 

Fママ

私も教えられます。ただ、自分が簡単にできたのに子どもができないと、何でできないのかがわからなくて苦労しました。塾の先生に話すと、「できる人は教えてはいけません」と言われてしまい(笑)、それからは、塾の先生にお任せしました。

 

優秀なお母さまならではの苦労かもしれませんね。

今月の先輩ママたち

Fママ

地方の私立女子中学・高校出身。専門職。お子さん3人は私立中高で学び、大学を卒業して現在は社会人。

Aママ

東京の私立女子中学・高校出身。専業主婦。お子さんは私立女子進学校を卒業した大学3年生の姉と、私立男子進学校の高校1年生の弟。

Yママ

東京の私立女子中学・高校出身。公務員。お子さんは私立男子進学校を卒業した大学1年生の兄と、兄とは別の私立男子進学校の高校1年生の弟。