進学通信2018年10月号

今月のテーマ
私立中高出身ママの教育に対する考え方

中学・高校時代を私学で過ごしたママたちは、子どもの教育についてどのように考えているのでしょうか。自分自身の中学受験の経験や私学での学びが、教育観にどう関わっているのか、私学出身のママたちに尋ねてみました。

【2】中高で学んだものが今に活きている

私立中高の6年間で得たものとは何でしょう。

 

Fママ

私の通っていた学校はミッションスクールだったので、奉仕の精神を学びました。これは、後に子どもを持った時の教育観にもつながっているかもしれません。それから、大学や会社に入った時などに、出身校名を言うと尊重されることを実感しました。どういうわけか〝お嬢さま〟として扱っていただけたのです(笑)。

 

出身校にお嬢様学校のイメージがあったのですね。

 

Aママ

6年間一緒だと、友達と密な関係が築けます。卒業後もずっと付き合える友達と出会い、友情を育むことができました。また勉強の面では、課題がとても多くて勉強するのが当たり前という環境でした。周りの子もがんばるので、学習習慣がつきましたね。おかげでその後の人生においても、勉強することがそれほど苦ではないと感じています。社会人になって昇進試験を受けるのも、大変ではありませんでした。主婦になってあまり勉強しなくなると不安になって、自主的に語学の勉強を始めたりして(笑)。そういう意識づけは中高で培われたのだと思います。
私の母校は進学校で、ほぼ全員が大学受験をします。私は高校の世界史の授業が面白くて歴史を学びたいと思い、史学科に進みました。大学受験に関しては、世界史で受験するのは少し不利だったのですが、自分のこだわりで世界史を勉強し続けて初志貫徹しました。

 

Yさんはいかがですか?

 

Yママ

全員が大学受験をする学校ではなかったこともあり、友達の幅は広いかなと思います。中高時代の友人には、いろいろなルートで自分のやりたいことを実現させている人がたくさんいます。多様な生き方の実例を見ているので、多くの引き出しを持つことができました。
また、私の通っていた学校は伸びやかな校風ですが、礼儀作法については厳しく指導されることが多かったですね。これは、後々役立ちました。

 

どんな場面で役立ったのですか?

 

Yママ

夫が海外転勤になった時、ちょうど育児休業をとっていたので夫について行くことができました。現地の外交官婦人とのお付き合いは、礼儀作法が極めて厳しい世界なんです。これは民間企業の婦人会でも同じような感じらしいです。そんな世界でも、「風土的にこれはタブーだろう」とか、「これは好まれることだな」ということが、中高時代に身につけた感覚でだいたいわかりました。それは当時の学校の指導のおかげも大きいです。

 

私学での学びが実生活で活きたのですね。卒業後、母校での活動は何かされていますか?

 

Fママ

古い学校なので同窓会の組織がしっかりしています。今でも同窓会で先輩や後輩の知り合いができ、長くお付き合いができる方が増えています。

 

Aママ

ウチの学校も伝統ある同窓会があり、同窓生対象のサークルのような教室があります。そこでは当時、私が習った先生が音楽や歴史、文学などを教えてくださっていて、私も月に1回歌を習いに行っています。OG同士のお付き合いも楽しいですよ。

 

今月の先輩ママたち

Fママ

地方の私立女子中学・高校出身。専門職。お子さん3人は私立中高で学び、大学を卒業して現在は社会人。

Aママ

東京の私立女子中学・高校出身。専業主婦。お子さんは私立女子進学校を卒業した大学3年生の姉と、私立男子進学校の高校1年生の弟。

Yママ

東京の私立女子中学・高校出身。公務員。お子さんは私立男子進学校を卒業した大学1年生の兄と、兄とは別の私立男子進学校の高校1年生の弟。