進学通信2018年8月号

今月のテーマ
校風? 偏差値? わが家の志望校選び

「これから秋にかけて、本格的に受験校を決めなくては」と考えている方も多いでしょう。第一志望校だけではなく、併願校もしっかりと選ぶことが肝心です。先輩ママたちの家庭では、どのように学校選びを行ったのか聞いてみました。

【3】それぞれの家庭の志望校選びの基準

子どもに合う校風を見極め 偏差値や大学合格実績も重視

 

最終的に、志望校はどのように決められましたか?

 


Uママ

家族3人の意見がバラバラなまま入試期間に突入し、ダブル出願もしていました。結果的には本人の意志で決め、夫が「娘に合っていると思う」と言って気に入っていた学校に入学することになりました。

 

Tママ

上の子の時は、本人の第一志望校よりも、私が気に入った学校のほうを受けるように説得しました。そのほうが受かる可能性が高いということで、本人も納得したようです。今では「この学校を受験して良かった」と本人も言っています。
真ん中の子の志望校は、偏差値で決めました。本人は少しでも偏差値の高い学校を受けたいという意識があったと思います。私も、塾である程度の偏差値をとっていた息子のがんばりが報われるといいなと思っていました。

 

Oママ

ウチも偏差値は重視しました。それから校風ですね。やはり、本人に合っている校風かどうかは重要だと思います。長女は、通った学校の校風がとても合っていて、先生や学校のシステムなど、学校で使えるものはすべて使いつくして卒業しました。長女はよく、「学校がいくらいい環境を用意してくれても、自分がそれを使わなければつまらないよ」と、妹に話していますね。

 

Tママ

下の子は、文化祭がきっかけでした。小5の秋にご近所のお姉さんが通っている学校の文化祭に連れて行ったところ、娘の身につけているものを見た在校生が、「私も同じ塾だったんだよ。勉強がんばってね」と声をかけてくれたのです。そして、娘はその学校を第一志望にすると決めたようです。でも、当時は偏差値が届いていませんでしたし、倍率が高い学校なので、私は無理だと思っていました。でも、その後の本人のがんばりで、合格を勝ち取ることができました。

 

文化祭での在校生との出会いが、合格への熱意を生んだのですね。志望校選びでは、大学合格実績などは気にされましたか?

 

Tママ

けっこう見ていました。入学時の偏差値がそこまで高くなくても、卒業時には難関大学に合格している生徒が多い学校は、「面倒見がいいんだな」と思い、いい印象を持ちました。

 

Uママ

私は、指定校推薦にどんな大学があるかを見るようにしていました。大学受験をさせたくないという気持ちがあったので。

 

授業料など校納金の額は考慮に入れましたか?

 

Tママ

ウチは3人子どもがいるので、学費は気になりました。中学受験案内に載っている校納金とを見比べて、学費が比較的高い大学付属校よりも、進学校がいいなと考えました。併願校は、入学金の納入期限が遅い学校を選び、無駄になるかもしれない入学金を払わずに済むよう計画しました。でもなかなかうまくいかず、下の子の時は1校余分に入学金を納めることになりましたね。

 

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高校3年生の長女、私立男子進学校高校1年生の長男、私立共学進学校中学2年生の次女のママ。

Uママ

難関私立大学1年生の長男と、私立女子大学付属校中学1年生の長女のママ。

Oママ

私立中高を卒業した難関国立大学1年生の長女と、私立共学進学校高校1年生の次女のママ。