進学通信2018年8月号

今月のテーマ
校風? 偏差値? わが家の志望校選び

「これから秋にかけて、本格的に受験校を決めなくては」と考えている方も多いでしょう。第一志望校だけではなく、併願校もしっかりと選ぶことが肝心です。先輩ママたちの家庭では、どのように学校選びを行ったのか聞いてみました。

【2】先輩ママの情報を参考に

学校見学以外で、志望校選びの参考にしたものはありますか?

 

Uママ

参考ということではありませんが、私自身の先入観はどうしてもぬぐえなかったですね。昔のイメージがあまり良くない学校は、志望校にするのは難しかったです。

 

Tママ

私は、在校生のお母さんの声を参考にしました。下の子の受験では、上の子の学校のママたちから、きょうだいが通っている学校の話を聞くことが多かったです。指定校推薦の話など、いろいろな学校の情報が聞けて、有益でした。学校に行かなくても、娘に合っているかどうかの判断材料になりましたね。あとは進学雑誌も読んでいましたよ。

 

Oママ

塾のサイトが充実していたので、それを参考にすることが多かったです。入試当日の服装や持ち物など、細かいアドバイスが掲載されていて役立ちました。また、塾の卒業生保護者が書いたアンケートをまとめたものもチェックしていました。中学の保護者会の様子などで、「気取った人が少ない」などと書いてあると、「ここは親の付き合いが楽そう」などと思いながら読んでいました。

 

受験前にしたことで、役立ったことはありますか?

 

Oママ

1年前の入試日に、志望校の入試会場へ子どもを連れて行きました。大勢の受験生がいて、直前までテキストを読んでいるところや、塾の先生方と握手している様子を見せられたのは、心の準備ができて良かったと思います。下の子にとっても、ひとりで小学校へ行く練習になり、私も朝の動きのシミュレーションができて、非常に有意義でしたね。

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高校3年生の長女、私立男子進学校高校1年生の長男、私立共学進学校中学2年生の次女のママ。

Uママ

難関私立大学1年生の長男と、私立女子大学付属校中学1年生の長女のママ。

Oママ

私立中高を卒業した難関国立大学1年生の長女と、私立共学進学校高校1年生の次女のママ。