進学通信2018年8月号

今月のテーマ
校風? 偏差値? わが家の志望校選び

「これから秋にかけて、本格的に受験校を決めなくては」と考えている方も多いでしょう。第一志望校だけではなく、併願校もしっかりと選ぶことが肝心です。先輩ママたちの家庭では、どのように学校選びを行ったのか聞いてみました。

【1】学校見学で見るべきポイントは?

志望校を決めるにあたり、学校説明会や学校行事などに足を運び、学校を見学されたと思います。何校くらい行かれましたか?

 


Tママ

わが家は3人が中学受験をしており、上の子は女子校を中心に5校くらい、真ん中の子は約10校。下の子の時は、新たに行ったのは3校だけですね。それにプラスして、塾の公開模試の会場が私立中学に設定され、試験中に入試説明会が行われたので、その機会を積極的に利用しました。

 

Uママ

上の子は中学受験をしなかったので、下の子の話をしますね。娘の学校選びでは、12校くらい行きました。主人と私と娘の希望がバラバラで、なかなか志望校が決まらず、大変でした。主人は大学付属校がいいと言い、私は少し遠い進学校、娘は比較的近い進学校を望んでいたのです。

 

上のお子さんは、なぜ中学受験をされなかったのですか?

 

Uママ

私は、息子にも中学受験をさせたいと考えていました。息子は幼少期から頭の回転が速く、教えてもいないのに文字を読んだりしていたので、「これはいける」と思っていたのです(笑)。ところが小3になる時に中学受験のことを切り出すと、息子は「絶対に嫌だ」と言い張りました。遊ぶことが好きでスポーツもしていた息子は、受験勉強をしたくなかったのでしょう。自分の意志をしっかり持っているタイプだったので、ここで無理に親の意見を押し通したら親子関係が崩れると思い、中学受験は諦めました。その後、小5になってから学習塾に入り、小6の終わりからは高校受験向けの塾に通い、公立中学校に通って高校受験で大学付属校に合格しました。

 

お子さんの意志を尊重されたのですね。Oさんはいかがですか?

 

Oママ

ウチは2人とも中学受験をしました。長女の時は12~13校、次女の時は追加で3~4校見ました。志望校が決まったら、その学校には何度も行くようにしましたね。「この学校でも大丈夫」と納得し、覚悟を決める意味もありました。

 

学校へ行った際、何に重点を置いてご覧になりましたか?

 

Tママ

上の子は、必ずトイレがきれいかどうかのチェックをしていました。「トイレで決めるの?」というくらいこだわっていましたね(笑)。真ん中の子はそこまでのこだわりはなく、廊下の掲示物などをじっくり見ながら、「この学校ではこういう勉強をするんだね」と親子で話したりしました。

 

Uママ

校舎などの施設・設備以外では、在校生の雰囲気を見て、できるだけ娘がなじめそうなところを探すようにしました。娘は欲がないというか、学校説明会などへ一緒に行ってもそれほど響くものはなかったようです。でも、ある学校の入試当日、初めてしっかりと校舎を見て、そのきれいさに圧倒され、「ここがいい」と言いました。現在、その学校に通っています。

 

Oママ

長女の時に、文化祭を見て娘に合うと思う学校がありました。娘には「ここに行きたい」という希望はまったくなかったので、私のファーストインスピレーションでそこに決めて、娘を誘導するようにしましたね。
また、私は主に職員室をチェックしていました。ちらっと見ただけでも先生方の雰囲気がなんとなく感じられますから。先生方がいい連携をしていると感じられる学校には好印象を持ちました。先生と生徒のやり取りも、よく見ましたね。授業を見学できる場合は、休み時間から授業に切り替わる時の生徒の態度などもチェック。あまりにもダラダラとした様子だと、ひっかかりを感じました。

 

在校生を見て、印象に残っていることはありますか?

 

Oママ

とくに女子校では、部活動でのあいさつの仕方などが気になりました。意味もなく後輩が先輩にぺこぺこあいさつしていると、「理不尽な厳しさがあるのかな」と思いました。

 

Uママ

私は生徒の言葉遣いが気になりました。立地も校舎も気に入っていましたが、すれ違った生徒の言葉遣いがひどくて印象が悪くなり、けっきょく志望校から外した学校もあります。

 

今月の先輩ママたち

Tママ

私立女子進学校高校3年生の長女、私立男子進学校高校1年生の長男、私立共学進学校中学2年生の次女のママ。

Uママ

難関私立大学1年生の長男と、私立女子大学付属校中学1年生の長女のママ。

Oママ

私立中高を卒業した難関国立大学1年生の長女と、私立共学進学校高校1年生の次女のママ。