進学通信2018年6月号

今月のテーマ
受験生活は親子の思い出 わが家の2017年度中学受験

小学校時代の数年間塾に通い、中学受験をめざして勉強する子どもたち。それを支える保護者の方にとっても、中学受験は大きな出来事だと思います。2017年度の中学受験を経験したママたちにお集まりいただき、その体験談をお聞きしました。

【2】親が伴走してわが子の中学受験をサポート

受験生活の中で味わった つらい思いも成長の糧に

 

 

数年間の受験生活は、どのようなものでしたか?

 

Kママ

受験勉強を始めた頃、息子は中学受験をさせるレベルではありませんでした。定規でまっすぐ線を引くとか、コンパスで円を描くということすらできなかったのです。算数の難しい問題には、とことんてこずっていました。そんな息子でしたが、塾の先生がとても面倒見がよくて、その先生と二人三脚で勉強を進めていくようになりました。息子から「お母さんは口を出さないで」と言い渡され、私は見守ることしかできなかったですね。ところが、6年生になる春頃から、理由はわからないのですが、その先生と少し距離をおくようになり、同時に反抗期も始まりました。親は相変わらず口出しできず、一人で勉強するスタイルに。成績はあまり上がらないまま、それでも志望校を変える決断もできず、最後まで突き進んでしまいました。やはり一人で勉強することには限界があったように思います。

 

お母さんとして、辛い思いもされたのではないでしょうか。

 

Kママ

中学受験は親子の受験と言われているので、親がある程度コントロールしてあげなければいけないと思っていましたから心配でしたし、ただただ、我慢でしたね。ただ、上の子の中学受験を経験して、やはり最後はそんなに番狂わせはないと思ったので、無理して本人の能力よりレベルの高い学校に入らないほうがいいとは思っていました。本人に合った環境のところに入れたらいいな……と。

 

Nママ

ウチは、一般的な受験生よりも1年遅れてのスタートだったので、追いつくのが大変そうでした。さらに、5年生の最後までサッカーを続けており、受験勉強に専念できたのは小6の1年間だけ。6年生の1学期になっても勉強することが定着していなかったので、塾の先生から「もうちょっと見てあげてください」と言われました(笑)。それまで息子は2階の自分の部屋で勉強していたのですが、実際は集中していないことも多かったようです。そこで、夏頃から学習机を移動させ、リビングで勉強させることにしました。「私が見ていないといけないんだ」と、そこで気づいたのです。

 

Sママ

娘は比較的手がかからないほうだったと思います。塾に通い出した頃に宿題のやり方を教えたら、数カ月で自分でできるようになり、そつなくこなしていました。わが家も、無理に勉強させることはせず、「できなかったら、それが本人の力。自分のキャパに合ったところに行かせよう」という方針でしたね。

 

Mママ

上の女の子はそれほど苦労しなかったこともあり、男の子はどうしてこうも大変なのかと思いましたよ。いろいろ紆余曲折はありましたね。最初に通っていた塾は本人のレベルに合っていなかったようで、5年生の9月に、私が決断して転塾させました。そこで初めて自分ができないことを自覚して、少し勉強するようになったものの、苦手科目の国語がなかなか伸びず、1教科だけ補習に通ったりもしました。それでも克服できなかったので、小6の11月からは思い切って家庭教師をお願いしたのです。もう賭けのようなものでしたね。

 

短期間の指導で、効果はありましたか?

 


Mママ

ケースにもよるでしょうけれど、ウチの場合は、その先生の指導が功を奏して志望校に合格したのではないかなと思っています。その先生は、初日に息子の問題の解き方を見て、「本当にできないわけではなく、これとこれをやればすぐできるようになる」と、息子をうまく励ましながら教えてくださいました。息子のやる気も、その頃ようやく出てきていました。ずっとやる気が見られなかったのですが、やっと変わったなと思ったのが入試直前の1月1日。その日は塾で最後の模試みたいなものがあり、ものすごく悪い点数をとってしまって「もう第一志望校は無理かも」という状況になりました。その時、息子が初めて「絶対にあきらめたくない」と言い、それからの1カ月間、がんばったのです。

 

最終的に、志望校合格に間に合ったのですね。お子さんの意気込みが感じられます。

今月の先輩ママたち

Sママ

私立女子進学校中学1年生のママ。お子さんはひとりっ子。

Mママ

私立男子進学校中学1年生と高校1年生の女の子のきょうだいのママ。

Kママ

私立男子付属校中学1年生と高校1年生の女の子のきょうだいのママ。

Nママ

私立共学付属校中学1年生の弟と高校1年生の兄、二人兄弟のママ。