進学通信2018年4・5月号

今月のテーマ
私立中高の教育環境がわが子の成長にもたらしたもの

中学・高校の6年間は、心も体も大きく成長する時期。思春期の難しい年齢でもあるこの時期は、どんな教育環境で過ごすことが望ましいのでしょうか。私学を卒業、もしくは卒業を間近に控えたお子さんをお持ちのお母様方にお話をうかがいました。

【4】出会う人の影響を受けて成長する思春期

中学・高校時代と言えば、思春期の難しい年頃です。この時期に望ましい教育環境とはなんでしょう。

 

Yママ

厳しく管理するのではなく、見守る姿勢が大切だと思います。失敗を防ぐより、失敗をしても自分でそれを乗り越えられるように導いてくださるような教育が望ましいのではないでしょうか。

 

Sママ

ウチも、こうしなさい、ああしなさいと厳しく言われるのは嫌がるので、選択肢がいくつかある中で、自分で選ぶような環境があるといいなと思います。
ある程度自由にさせてくれることが前提ですが、ちょっと変な方向に行きそうになった場合には、その一歩手前ぐらいで軌道修正をしてくれるのが理想ですね。

 

人との交流が成長を促すこともあるのでしょうか。

 

Sママ

息子は一人っ子で、中学入学までは自分本位なところもあったと思います。入学後、先輩・後輩との関係や、友達と切磋琢磨する中で、人を気遣うことやお互いにほめたり心配したり、悪い所を指摘することができるようになっていきました。
それは大人になったと思う部分ですね。

 

Mママ

小学校時代とは異なり、中学生以降は親子関係も難しくなりますし、すべてを親が把握することは困難になります。学校生活で出会う先生や友達の言葉や行動に影響を受けるようになるのは確かですね。ですから、〝賢い〟人間の中に身を置くことが重要なのではないかなと思います。
それは決して偏差値で測れるような賢さではなく、理不尽なことがあったとき、どのように乗り切るのか、対処できるのかといった、「賢く生きる術」を持っているかどうかということです。こういう賢さを間近で見聞きできる環境だといいですね。

 

息子さんも、私学に通ってこうした環境の中で大きく成長されたのではありませんか?

 

Mママ

測ることができないので、どの経験が成長に役立ったかはわかりませんが、6年間で息子はいろいろなことを整理して自分で対処できるようになりました。

 

お子さんにとっていい影響を与えてくれる人の多い環境に身を置くことも、中学受験の一つの目標と言ってもいいのかもしれませんね。

Oママ

私立女子進学校を卒業した大学2年生のママ。

Sママ

私立男子進学校高校3年生のママ。

Yママ

私立女子進学校高校3年生のママ。

Mママ

私立男子進学校高校3年生と、同じく高校1年生の兄弟のママ。