進学通信2018年4・5月号

今月のテーマ
私立中高の教育環境がわが子の成長にもたらしたもの

中学・高校の6年間は、心も体も大きく成長する時期。思春期の難しい年齢でもあるこの時期は、どんな教育環境で過ごすことが望ましいのでしょうか。私学を卒業、もしくは卒業を間近に控えたお子さんをお持ちのお母様方にお話をうかがいました。

【3】入学して実感する学校の教育方針

入学された学校について、入学前と後で印象が変わったことはありますか?

 

Oママ

英語教育に力を入れているイメージがあったのですが、先生によって授業の質に差があるのではないかと、母親たちの間で話題になっていましたね。
娘の場合は、中学時代にとてもいい先生に当たって英語の力を伸ばしていただきました。あとは、文系でも高1までは数学をかなりしっかり学ばせる方針だったので、それが負担になっていた生徒は多かったと思います。

 

Mママ

いろいろと学校が与えてくれるものが多かったのは良さではありますが、もっと自分で好きなものを探して見つけられるような、放任する部分があってもよかったかなと思います。
息子はとくに自発的に何かするという気持ちが弱いタイプのような気がするので、そのへんを伸ばしてもらえたらよかったですね。

 

Sママ

入学前から手厚い学校と聞いていて、その点は想像以上だったなと思います。ただ、私の思い込みで、「男子校は怖い」というイメージがありました。怖い先生が多いんじゃないかなと思っていたのです。でも実際は、気さくな先生が多く、話しやすかったです。息子は、「もし自分が結婚して男の子が生まれたら、自分の学校を受けさせてもいいな」と言っています。気に入っているのでしょうね。

 

どんな生徒が多いのですか?

 

Sママ

マザコンが多いです(笑)。と言うと誤解を生みそうですが、高校生でも友達同士で、「ウチのお母さんはこうなんだぜ」などと話しているようです。幼いのかもしれませんね。

 

男子校に関する心配はいかがですか?

 

Sママ

男子校出身だと、女子と話ができなくなったりするのではないかと、実は今心配しています。周りに女子がいると困惑してしまうようで、一人で電車に乗っている時に、にぎやかな女子高生の集団が乗車してくると、そっと車両を移ると言っていました。そんなレベルなんです。男子校でも、文化祭に来た女子高生に話しかけることができる子もいるのに……。

 

Oママ

娘は女子校出身で共学の大学に通っていますが、なんとかなりますよ(笑)。娘も中高時代は男子に慣れていなくて、高3の時には、予備校に男子がいることがストレスになっていたようです。
緊張してしまって勉強どころではなくなると言っていました。でも大学に入ると、共学出身の子たちが男女関係なく普通に話す中で、慣れていったようです。抵抗なく話せるようになるまで、1年もかからなかったと思いますよ。

 

Sママ

少し安心しました(笑)。徐々に慣れてもらうしかないですね。

Oママ

私立女子進学校を卒業した大学2年生のママ。

Sママ

私立男子進学校高校3年生のママ。

Yママ

私立女子進学校高校3年生のママ。

Mママ

私立男子進学校高校3年生と、同じく高校1年生の兄弟のママ。