進学通信2018年2・3月号

今月のテーマ
6年後の進路を考える大学進学と子どもの将来

私立中高卒業後のお子さんの将来をどのようにお考えですか? まだまだ先と思っていても、私立中学に入学すれば、6年後には次の進路が待っています。現在高校3年生のママと、私立中高を卒業された大学生のママにお話をうかがいました。ぜひ参考にしてください。

【4】学校生活が進路選択に与える影響

学校での出会いや経験が進路選択に影響

 

6年間の学校生活が、お子さんの進路に与えた影響とはなんでしょう。

 

Mママ

優秀なお友達に囲まれ、良い影響を受けたと感じます。息子がそのレベルに達しているかどうかは別として、「自分もそうなれる」と前向きにとらえ、目標を高く持っていますね。男子校で、お友達はもちろん、先生もみなさん男性。雑談の中で影響を受けていったのではないかと思います。

 

Yママ

娘はまだなりたい職業については確定していませんが、大まかにこんなことをしたいという思いはあるようです。12歳から18歳という子どもから大人になる過程の年齢の生徒たちをたくさん見ている先生からのアドバイスは、細やかでとても役に立ちました。また、価値観や家庭環境が似たお友達が多くでき、彼女たちと同じ目標を持てたことで、受験勉強も一緒にがんばっているようです。

 

Sママ

高3のクラスは、同じ大学をめざす生徒がたくさんいるので、連帯感みたいなものが育っているようです。先生も、授業やホームルームで志望大学の話をされるので、同級生たちが共通の目標を持ちやすいようですね。

 

進路を考えるにあたり、お友達や先生から影響を受けることも多いのですね。部活動などの先輩から受けた刺激はありますか。

 

Oママ

娘の場合は、特別先輩から影響を受けることはなかったように思います。ただ、卒業後、同じ大学に部活動の先輩がけっこういらっしゃるので、いろいろお話を聞いたりしているようです。
また、大学生になっても中高時代の仲良しのお友達とはよく会っていて、中高のとき以上に活発なつきあいをしています。地方の大学に行ったお友達を訪ねて旅行するなど、楽しんでいますね。

 

中高の友達は一生続くという話も聞きます。6年間でいいお友達ができたようですね。

Oママ

私立女子進学校を卒業した大学2年生のママ。

Sママ

私立男子進学校高校3年生のママ。

Yママ

私立女子進学校高校3年生のママ。

Mママ

私立男子進学校高校3年生と、同じく高校1年生の兄弟のママ。