進学通信2017年11月号

今月のテーマ
受験前に知りたい男子校・女子校の特色と魅力

共学の小学校に通っているお子さんが多いと思います。中学受験で男子校・女子校の受験を考えている方は、未知の世界への心配もあるかもしれません。男子校・女子校とはどんなところなのか、先輩ママにうかがいました。

【5】一生つきあえる友情を育む時間

学力以外に、中高の6年間で得られるものとはなんなのでしょう。

 

Nママ

やはり一生つきあえる友達だと思います。

 

Aママ

そうですね。自分のことを思い返しても、中高時代の友達が今も一番仲がいいです。

 

Hママ

私もそうですね。自分が辛いときに連絡するのは中高の友達です。会っていない時間が長くても、お互いに気にかけていますね。

 

Aママ

聞いた話では、共学校では男女交際のトラブルが原因でいじめが起こることがあるのだそうです。

 

Hママ

そういえば、娘たちの学校でいじめの話は聞いたことがありません。

 

Nママ

せっかく中高という仲の良い友達ができる時期なのに、同性の友達ができなかったら悲しいですよね。私自身は共学ですが、幼稚園から一緒なので、思春期になってもあまり恋愛対象にはならず、男女関係なく友達関係が続き、平和でしたが(笑)。

 

Aママ

男子校、女子校は異性がいない分、同性とのつきあいが深くなるのかもしれませんね。息子の学校では、卒業後もOB同士仲が良いという話を聞き、やっぱりいいなと思います。
娘も今大学で、中高時代はつきあいがなかった同じ中高出身校の子と仲良く過ごしているようです。
卒業後も、同じ中高の仲間と新しいつながりができるのもいいですね。同性の友達はずっとつきあっていけますから、大切にしてほしいなと思います。

 

中高時代に育んだ友情は、人生の宝物になることでしょう。学力をつけることはもちろん、学校行事や部活動など、中高時代にできる貴重な体験はたくさんあります。
学校生活や将来像を総合的に見ながら、男女別学と共学それぞれの良さを知ったうえで、学校選びをしていきましょう。先輩ママにお聞きした男子校・女子校の特色も、受験校を決める際の参考にしてください。

Aママ

私立女子進学校を卒業した大学2年生と、私立男子進学校中学3年生の姉弟のママ。

Nママ

私立男子進学校高校1年生と、私立女子進学校の中学2年生の兄妹のママ。

Hママ

私立女子進学校を卒業した大学1年生と、同じ学校の中学3年生の姉妹のママ。