進学通信2017年11月号

今月のテーマ
受験前に知りたい男子校・女子校の特色と魅力

共学の小学校に通っているお子さんが多いと思います。中学受験で男子校・女子校の受験を考えている方は、未知の世界への心配もあるかもしれません。男子校・女子校とはどんなところなのか、先輩ママにうかがいました。

【1】入学前の心配は ほとんど杞憂に

みなさんは、なぜ男子校、女子校を選ばれたのですか?

 

Hママ

本人が希望しました。私自身も中高一貫の女子校出身なので、違和感や心配はなかったです。自分も中高を女子校で過ごして楽しかったですし。

 

Aママ

私も女子校出身で、当初娘を私の母校に入れたいと考えていたこともあり、女子校を中心に探しました。息子は、小学校のときに女子にいじめられた経験から、本人が「絶対男子校がいい」と言うので、共学は少しも考えませんでした。

 

Nママ

ウチは主人の意向で、まず付属校ではないという条件で学校探しを始めたところ、進学校で共学のところはそもそも数が少ないんですね。
息子はAさんのお子さんと同様、小学校時代女子にからかわれるタイプで、本人が「共学は嫌だ」と言っていたので話は早かったのですが、娘は、ある大学付属の共学校に行きたいと言っていました。
ただ、それには主人が反対。主人は、「子どもたちには進学校でしっかりと学力をつけて自力で大学に行き、自分の希望する仕事に就けるようにさせたい」という考えだったのです。
それで、娘には、ある程度進学先が安定している中高一貫の女子校に行かせようということになりました。

 

お母さんも同じお考えでしたか?

 

Nママ

実は、私は幼稚園から大学まである共学の付属校出身なので、主人に思い切り自分を否定された気分でした(笑)。でも、確かに私たちの時代と違って、女性だからといってお茶汲み的な仕事はもうないでしょうし、のんびりと生きていくことはできないだろうなと思いました。ただ、私にとって男子校、女子校は未知の世界。いろいろ気になることはありました。

 

どんなことでしょう?

 

Nママ

「男子校ってむさくるしいところなんだろうな」と思っていました。ところが学校見学に行ってみると、意外にきれい(笑)。先生方もやさしくて、ジェントルマン。運動部の坊主頭の生徒が、「ちわーっす」とあいさつをしてくれるのが、妙にホッとしましたね。
女子校のほうは、「いじめがあったりして、辛辣な雰囲気だったりするのかな」と心配していましたが、娘の学校はみんな忙しくきびきび動いているので、そんな暇はないようです。今、娘の学校生活を見ていて、私も自分が中学生だったら、娘の学校に行きたかったなと思うほどです。

Aママ

私立女子進学校を卒業した大学2年生と、私立男子進学校中学3年生の姉弟のママ。

Nママ

私立男子進学校高校1年生と、私立女子進学校の中学2年生の兄妹のママ。

Hママ

私立女子進学校を卒業した大学1年生と、同じ学校の中学3年生の姉妹のママ。