進学通信2017年9月号

今月のテーマ
わが家はこうして受験校を選んだ

受験生家庭は、本格的に受験校を決める時期になってきました。第一志望校から併願校まで、確定している人も、まだまだ絞り切れていない人もいるでしょう。先輩ママたちがどのように受験校を選んだのか、うかがってみました。

【1】口コミや評判、生の声も情報源に

まずは、学校選びの際に参考にしたことを教えてください。

 

Yママ

塾の先生のお話は、わが子の性格や学力をふまえた上でのアドバイスなので、非常に参考になりました。また、「入試問題は、その学校が子どもにどんな資質を求めるかが表れているので、『出題傾向の合う、合わない』は、『学校に合う、合わない』に通じるものがある」というお話があり、そういう目で見ると「過去問題に比較的取り組みやすい学校を選ぶ」というのは、一つの切り口になりましたね。

 

Tママ

私は、学校説明会に行けなかったときには、行ってきたお母さんたちからメモを見せてもらったりしていました。それから、インターネットの情報もずいぶん見ましたね。私学の在校生の親御さんが書き込む掲示板のサイトも、一応チェックしました。また、私学にお子さんを通わせているママ友達に話を聞くことも多かったです。「この学校は、レポートをたくさん課されるので大変そうだな」など、実際の学校のようすがよくわかり、生の声は非常に参考になりました。

 

Hママ

ウチは、上の子の時は1校しか受けなかったのですが、近所の評判をいちばん参考にしましたね。下の子の時は、塾の先生に相談したところ、先生が勧める学校は自宅から遠いところばかりで、通うのはちょっと厳しいかなという印象でした。今思えば、一般的には通学圏だったのですが、私は電車に長く乗って通わせるのはどうかなと思っていたのです。

 

Sママ

情報収集は、模試のときに会場でもらう情報誌や学校のホームページのほか、皆さんと同様、塾の先生のお話やネット情報、友人の口コミなどを活用しました。それからもちろん、学校見学。一番大切なのは、自分の目で学校を見ることですね。

 

Hママ

大学1年生の長男と、長男の卒業校でもある私立共学進学校中学3年生の長女のママ。会社員。

Tママ

私立男子進学校中学2年生の長男、公立小学校5年生の次男、4歳の長女のママ。起業し会社経営を行う。

Yママ

私立男子進学校を卒業した長男と、別の私立男子進学校中学3年生の次男のママ。会社員。

Sママ

大学2年生の長男、私立女子進学校中学3年生の長女、私立男子進学校中学1年生の次男のママ。パート勤務。