進学通信2017年7月号

今月のテーマ
子どもの受験生活を振り返って思うこと

お子さんの受験生時代を振り返り、「これをするべきだった」あるいは「しなければよかった」という反省点や、「これは我ながらよかったと思う」といった満足点をお聞きしました。先輩ママの体験談を活かして悔いのない受験生活を送りましょう。

【1】勉強面や模試での対応 反省点はさまざま

みなさんはお子さん2人もしくは3人の中学受験を経験されたわけですが、受験生時代の反省点はありますか?

 


Sママ

3人目の子には、もっと勉強を見てあげればよかったと思います。子どもは1人ではなかなか勉強できないので、私が一緒に丸つけをしたり、こまめに勉強の内容を聞いたりしていれば、子どもの意欲ももっと上がっていたのではないかなと思います。

 

上のお子さんたちに比べて、下のお子さんの時にはあまり勉強を見られなかったということでしょうか

 

Sママ

そうなんです。仕事のため時間が足りなかったこともありますし、上の子の時に比べて自分の年齢が上がって体力・気力が減ったせいかもしれません。何より子どもの勉強を見るとどうしてもイライラしてしまうので、それが嫌だったのです。なかなか勉強を見てあげられないことが申し訳なくて、下の息子には常に「ごめんね」という気持ちがありました。

 

Tママ

私も末っ子にはあまり多くのことをさせなかったですね。上の子たちの時は、積極的に学習に役立ちそうな体験に連れて行ったり、いろいろな教材を試したりしていましたが、もう疲れてしまって。真ん中の子が低学年の頃、学習塾に通わせたり通信教育をさせたりしたところ、息子は宿題を丸写しし、課題はためてばかり。私にも息子にも精神的によくないと思って、辞めさせました。下の娘には無駄なことはやめようと、最初から手を出さなかったですね。そのため下の子にはイライラすることなく、受験が終わるまで穏やかな気持ちで過ごすことができました。

 

Mママ

やはり私も上の子でいらないと思ったことは下の子ではやらせませんでした。ウチは小学校受験も経験しているんですが、長男の時はつきっきりで勉強を見たのに比べ、次男の時は片手間でしたね。

 

模試の結果など成績に関しては、どんな対応をされていましたか?

 

Tママ

息子の時は一喜一憂して、成績が悪いと叱っていました。でも、あれは意味のないことだったなと思います。ガミガミ言ったところで、反発心が起こるだけ。がんばるようになるわけではありませんから。でも、中学生になった今も同じような状態は続いているんですけどね(笑)。

 

Mママ

模試を受けに行くと、長男の時には会場から出てきたら即座に「どうだった? できた?」と矢継ぎ早に聞いていました。でも、ある時、同じような状況のママ友から「それを言われるのがいちばんつらいと息子に言われた」と聞いて反省したんです。次男の時にはそういうことは一切言わずに、模試が終わったら「お疲れさま。がんばったね」と言って迎えました。

 

きょうだいで対応が違うことに、お子さんから意見はありますか?

 

Mママ

上の子からよく「弟はずるい、甘やかされている」と言われますが、「それはしかたがないよ」と返しています(笑)。

 

Mママ

私立男子進学校高校3年生と別の私立男子進学校中学3年生のママ。

Sママ

私立男子進学校を卒業した大学2年生と、私立女子進学校中学3年生、私立男子進学校中学1年生のママ。

Tママ

私立女子進学校高校2年生と私立男子進学校中学3年生、私立共学進学校中学1年生の女の子のママ。