進学通信2017年6月号

今月のテーマ
わが家の中学受験と私立中高生の学校生活

今年の中学受験を乗り越え、晴れて私立中学に入学したお子さんのママを含め、3人のママたちにそれぞれの中学受験体験談をうかがいました。また、私立中高生の生活ぶりも気になるところ。先輩ママの生の声をお届けします。

【2】最後まであきらめず合格を手に

Sママ

ウチも少し似た経験をしました。今回受験した息子は、小4から通塾を始めましたが、繊細な子で、小4の終わりごろに小学校を不登校気味になってしまったのです。そこで習い事や塾はすべて辞めさせました。小5になって落ち着き、小学校にも通えるようになったところ、ある日主人が「上の2人が中学受験したのにこの子だけさせないのは不公平じゃないか?」と言い出したのです。本人に聞くと、「今からでもやらせてくれるなら受験したい」と言うので、小5の終わりから通塾を再開させました。

 

短期間の受験勉強だったのですね。

Sママ

受験生時代、息子は授業がない日も毎日塾に通って自分の課題にコツコツ取り組んでいました。家で1人で勉強していたら、できなかったでしょう。でも、小5でやるべきカリキュラムがほぼ抜けているので、成績は低迷していましたね。ほとんどすべてがチャレンジ校という受験でした。
やはり、一度塾を辞めたときに、受験の可能性を考えて、家で勉強させていればよかったと何度も思いました。カリキュラム上、算数はスパイラルで同じ内容が繰り返し出てきますが、理科と社会は、5年生の内容は6年生の後期の総復習まで出てこないので、ずっと穴があいたまま。模試を受けるたびに穴を埋めていく感じでした。よく理科・社会は最後に伸びるといいますが、それは土台ができている人が頑張れば伸びるということで、そうでない人は土台作りで精いっぱい。数年かけて完成させる中学受験の塾のカリキュラムはよくできているなと改めて感心しました。

 

ご心配も多かったようですが、志望校に合格されたのですね。

Sママ

息子も、志望校に複数回受験しましたがなかなか合格が出ず、どんよりとした受験期間でした。それが、最後の最後でまさかの合格。いまだに合格したのが不思議で仕方がありません。本人曰く、その回では問題がスラスラ解けたのだそうです。たまたま問題の相性がよかったのだと思いますが、「あきらめないことが大事なんだな」と実感しました。

Mママ

私立男子進学校高校3年生と別の私立男子進学校中学3年生のママ。

Sママ

私立男子進学校を卒業した大学2年生と、私立女子進学校中学3年生、私立男子進学校中学1年生のママ。

Tママ

私立女子進学校高校2年生と私立男子進学校中学3年生、私立共学進学校中学1年生の女の子のママ。