進学通信2017年4・5月号

今月のテーマ
6年間の学校生活は実り大きなものでしたか?

中学・高校時代は、人格形成面でも学習面でも大きく成長する時期。その大切な時期を過ごすには、どのような教育環境がいいのでしょう。中学受験を経て私学に通う高3生のママ達にお集まりいただき、卒業を間近に控えた今の気持ちをうかがいました。

【3】6年間かけて成長を見守る私学ならではのメリットも享受

私学に6年間通われてよかったと思うことはなんでしょう?

 

Yママ

入学するときは、普通に教育をしてくれればいいと思い、多くは期待していませんでした。その分、今の満足度は高いです。ほかの学校に通うお子さんのママが、予備校の費用面とか成績の悩みなどで疲弊しているとよく聞きます。仕事を休んだり辞めたりした方もいます。私は、安心して学習面を全て学校にお任せできていますし、予備校にも行かせていません。まだ大学受験は全部終わっていませんが、難関大学の合格がポツポツ出ています。

 

Sママ

ウチは、高校受験で中断することなく習い事を続けたいという希望があって私立の一貫校を選択しました。希望通り習い事と学校生活を両立させてきましたが、高3の夏まで習い事を続けると言ったことで、担任の先生から、「大学受験はそんなに甘くない」と苦言が。それに対し、娘は「『短期間でよくこの大学に受かったね』と先生に言わせてみせる」と闘志を燃やし、勉強をがんばるようになりました。娘は普段ほわんとしたタイプなので、まさか内面がそんなに燃えているとは思いませんでした。習い事も勉強も、この年齢になったらもう本人の意志に任せるしかありません。先生の真意は確かめていませんが、もしかしたら娘のやる気に火をつけるためにあえて苦言を呈してくださったのかもしれないとも思います。ありがたいことです。やはり、私立の先生方の対応はきめ細かいと感じることは多かったですね。

 

6年間というスパンで成長を見守ってもらうことについてはどう思われますか。

 

Sママ

6年間あると、先生方も余裕を持って見てくださるんですね。短いスパンでパッパと決断していける家庭だったら3年ごとに学校を変わってもいいかもしれませんが、ウチのように子どもが幼くて、親の情報力も心もとない家庭の場合は、6年かけて成長できる環境はよかったです。

 

学校生活での経験はいかがでしょう。

 

Kママ

部活動の経験が大きかったです。娘は中1からずっと音楽系のクラブに所属していました。高1までは先輩の言うとおりにしていればよかったのですが、高2になって自分たちが先頭に立って活動しなければならなくなり、しかも娘は副部長という立場になりました。そこで経験を積み、大人になったなと思うこともしばしばあります。「先生にお願いごとをするときには、まずこちらの姿勢が大事。そのためには服装をきちんとしなくては」などと言うのには驚きました。後輩に教える難しさも味わっていましたね。高2の初めごろ、娘が突然「私、反抗期終わったわ」と言ったのが印象的でした。中2ぐらいから始まった反抗期が、そこで終焉を迎えたようです(笑)。

 

中高時代は思春期の難しい時期と言われます。その時期に望ましい環境とはなんでしょう?

 

Sママ

女子校、男子校といった別学と、共学校では、環境がずいぶん違うと思います。それぞれの中でも学校によって違いがあるので、校風をよく調べて自分の子どもに合った学校を選ぶことが大事ですよね。ウチは下の子が公立で共学ですが、共学校では、やはり男女交際の話題が多いです。娘はそういうことに疎いタイプなので、女子校でよかったなと思います。

 

Nママ

ウチは共学校だったのが、よくも悪くも学校生活の印象の大きな部分を占めています。思春期になると、目の前に異性がいればあこがれたり好きという気持ちになったりするのは自然なことです。それは勉強や部活動をがんばるモチベーションにもなるでしょう。でも、この年齢で知らなくてもいいことが耳に入りやすい環境であったことも事実です。娘自身は、6年間彼氏はいませんでしたが、付き合っている相手のいる友達からいろいろな話を聞いていたようです。それはちょっと怖いなと思うこともありました。
 娘には女子校のほうがよかったのかもと思うこともありますが、共学を経験してみて、そのよさも感じます。体育祭などの行事が終わると打ち上げがあって、とても楽しそうなんですよ。男女混ざった青春を送れるという意味では共学もいいなと思います。

 

Kママ

女子校は女子だけで楽しい6年間を過ごしているようです。娘も、「勉強に集中できるから女子校はいいよ」と言っていました。ただ、男の子に対する免疫がないのは少し心配です。同世代の男子に対して過度に意識してしまうようです。

 

Sママ

「男の子の友達は大学で作ればいい」と、娘は今のところ前向きに考えているようです(笑)。

Sママ

私立女子進学校の高校3年生と都立高校1年生男子のママ。パート勤務。
「気の合う友達がたくさんできて学校生活を楽しめたことで、入学してよかったと確信しました。」

Nママ

私立共学進学校の高校3年生女子と公立中学2年生男子のママ。専業主婦。
「1年間の留学を実現できたことが、娘にとって中高時代の一番大きな収穫だったと思います。」

Kママ

私立女子進学校の高校3年生のママ。自営業。
「部活動で成長できたことや進路教育で将来の目標ができたことなど、得るものは多かったです。」

Yママ

私立共学進学校の高校3年生男子と同校中学2年生女子のママ。契約社員。
「成績が下がり一時は心配しましたが、周囲の環境につられたのか自ずと勉強するようになりました。」