進学通信2017年4・5月号

今月のテーマ
6年間の学校生活は実り大きなものでしたか?

中学・高校時代は、人格形成面でも学習面でも大きく成長する時期。その大切な時期を過ごすには、どのような教育環境がいいのでしょう。中学受験を経て私学に通う高3生のママ達にお集まりいただき、卒業を間近に控えた今の気持ちをうかがいました。

【1】学校生活を振り返って教育環境の大切さを実感

みなさんのお子さんは中学高校時代を私学という環境で過ごされました。振り返ってみて、6年間の学校生活はいかがでしたか?

 

Sママ

娘にとっては第一志望の学校でしたが、実は、私は他に行かせたい学校がありました。娘の学校は、先生方が生徒のことを「お嬢様」とおっしゃることや、周りのお母様方の雰囲気がなじめなさそうで、私自身がなんとなく拒否反応のようなものを感じていたのです。それを拭い去るまでに、3年ぐらいかかりました。中学の卒業式のときに、この学校でよかったなと思ったのを覚えています。

 

気持ちが変わった理由はなんだったのでしょう?

 


Sママ

一番の理由は、娘が中学3年のときにとても仲のよい友達がたくさんできたことです。8人ぐらいのグループで、それはそれは楽しそうな学校生活を送っていました。気の合う仲間と過ごす喜びを満喫していましたね。中3の1年間が終わったときに、こんなに素晴らしい学校生活を送れたのなら、この学校に入れてよかったんだと思えたのです。
 私自身は、入学前の学校の印象がいま一つだったこともあって、学校を知るために役員を引き受け、6年間続けました。ほかのお母様方といろいろなお話をする中で、私自身も学校に慣れていき、娘を「お嬢様」と呼ばれても気にならなくなりました(笑)。入学前の私の変な先入観とか構えは、今は全くなくなっています。

 

お母さま自身が学校を知ろうと努力なさったことも立派ですね。

 

Nママ

ウチの娘は、高1の3学期から1年間、海外に留学をしました。これは、彼女の人生の転換期ともいえる大きな経験でした。留学したいという娘の意志を応援してくださった担任の先生に出会えたことも本当にラッキーで、それがこの学校に入学して一番よかったことかもしれません。

 

留学のいきさつをお聞かせください。

 

Nママ

娘は中学時代数学が得意科目だったので、このままいけば理系に進むのだろうなと先生方は見ていたようです。高校に上がり、娘が以前からの希望だった留学について、担任の先生に相談したところ、職員会議にかけられたそうです。後から内容を聞いたのですが、留学すると一般的には文系に進むことになるので、大多数の先生が留学を反対されたそうです。ところが、担任の先生が、「本人に挑戦したいという気持ちがあるなら、その芽を摘んではいけない」とがんばってくださったのだそうです。おかげで留学することが決まり、それからも資料を用意したり、エージェントを調べたりと、先生は大変熱心に後押ししてくださいました。この先生がいなければ、娘は留学できていたかどうかわかりません。中高の6年間は、もちろんいいことばかりではなく、娘にとって合わない先生もいらっしゃいました。でも、この担任の先生に出会って、娘の運命は変わったと思います。

 

留学は、非常に満足度が高い経験だったのですね。

 

Nママ

はい。娘が留学するとき、私は「英語が武器にならないようなら、恥ずかしいから帰ってこないでね」と言いました。留学って聞こえはいいですが、1年間海外で暮らしても、英語をしゃべれるようになる生徒は少ないのだそうです。留学先でも日本人同士で固まってしまって、英語をあまり使わずに過ごす人も多いのだとか。英語塾の先生に言わせると、「留学の7割は失敗」だそうです。でも娘は、帰国後その先生に「成功しましたね」と言われました。
 留学したばかりのころ、娘は現地の生徒に英語で嫌味を言われていたそうです。最初は言われっぱなしでしたが、ある日英語で言い返したところ、それから嫌味を言われなくなったということです。元々は気が小さく女々しいタイプの娘が、悔しさをばねにして、精神的に強くなったようです。

 

留学で精神面も成長されたのですね。

 

Kママ

ウチの場合は、中学受験で苦労しました。なかなか合格が出ず、ようやく今の学校に繰り上げ合格で入れたのです。第一志望校ではありませんでしたが、合格をいただいたことは娘も素直にうれしかったようです。入学後は、中学時代は友達同士のいざこざもありましたが、高校生になるとみんな少し大人になるんですね。友達づきあいもだんだん上手になって、娘も心を許せる友達ができました。

 

Sママ

私立女子進学校の高校3年生と都立高校1年生男子のママ。パート勤務。
「気の合う友達がたくさんできて学校生活を楽しめたことで、入学してよかったと確信しました。」

Nママ

私立共学進学校の高校3年生女子と公立中学2年生男子のママ。専業主婦。
「1年間の留学を実現できたことが、娘にとって中高時代の一番大きな収穫だったと思います。」

Kママ

私立女子進学校の高校3年生のママ。自営業。
「部活動で成長できたことや進路教育で将来の目標ができたことなど、得るものは多かったです。」

Yママ

私立共学進学校の高校3年生男子と同校中学2年生女子のママ。契約社員。
「成績が下がり一時は心配しましたが、周囲の環境につられたのか自ずと勉強するようになりました。」