進学通信2017年4・5月号

今月のテーマ
6年間の学校生活は実り大きなものでしたか?

中学・高校時代は、人格形成面でも学習面でも大きく成長する時期。その大切な時期を過ごすには、どのような教育環境がいいのでしょう。中学受験を経て私学に通う高3生のママ達にお集まりいただき、卒業を間近に控えた今の気持ちをうかがいました。

Sママ

私立女子進学校の高校3年生と都立高校1年生男子のママ。パート勤務。
「気の合う友達がたくさんできて学校生活を楽しめたことで、入学してよかったと確信しました。」

Nママ

私立共学進学校の高校3年生女子と公立中学2年生男子のママ。専業主婦。
「1年間の留学を実現できたことが、娘にとって中高時代の一番大きな収穫だったと思います。」

Kママ

私立女子進学校の高校3年生のママ。自営業。
「部活動で成長できたことや進路教育で将来の目標ができたことなど、得るものは多かったです。」

Yママ

私立共学進学校の高校3年生男子と同校中学2年生女子のママ。契約社員。
「成績が下がり一時は心配しましたが、周囲の環境につられたのか自ずと勉強するようになりました。」