進学通信2017年2・3月号

今月のテーマ
勉強モードに切り替えよう!受験生活の始め方

受験生になると生活はどう変わるのでしょう。家庭ではどんな学習環境を用意すればいいのでしょうか。先輩ママたちの経験談や受験生ママたちの現状をうかがい、家庭で学習するときに必要なことは何なのか考えてみました。

Aママ

私立女子進学校を卒業した大学1年生と、私立男子進学校中学2年生の2人のお子さんのママ。専業主婦。
「家庭学習の場所は、それぞれの子ども部屋です。学習机についていたライトが小6の秋に壊れて焦りました。」

Kママ

私立女子進学校中学2年生と、公立小学校5年生の男の子の2人のお子さんのママ。パート勤務。
「受験生活で視力がかなり低下してしまいました。主人が昔使っていた卓上スタンドを再利用していますが……。」

Tママ

私立女子進学校高校1年生と私立男子進学校中学2年生、公立小学校6年生の女の子の3人のお子さんのママ。フルタイム勤務。
「子どもたちは全員ダイニングテーブルで勉強しています。間接照明が中心の部屋で、暗いのが気になっています。」

Sママ

公立小学校5年生の女の子のママ。お子さんは一人っ子。専業主婦。
「明るいところで勉強させたいので、ペンダントライトがあるダイニングテーブルが娘の学習場所になっています。」