進学通信2017年1月号

今月のテーマ
入試までの準備と入試期間の過ごし方

間近に迫った中学入試。受験生家庭は入試の準備とともに、勉強の追い込みをかけたり、健康に気を配ったりと、気ぜわしい日々を過ごされていることと思います。
今回は、お子さんの私立中学受験を経験したお母様にお集まりいただき、入試前後の時期をどのように過ごされたのかお聞きしました。

【3】当日の持ち物はしっかりチェック余裕ある行動を心がけて

入試当日に、お子さんに持たせてよかったものはありますか?

 

amama

Aママ

受験する教室の机がガタガタしていることがあるので、ガタつきを直すために段ボールの切れ端を持たせたところ、実際に役立ったようです。あとは、脳の働きが活発になればと、チョコレートをカバンに入れました。

 

tmama

Tママ

ゼリー飲料を持たせました。当日は朝早くて朝食をたくさん食べられないので、休み時間に飲めば空腹をしのげると思ったのです。

 

kmama

Kママ

ホッとできる飲み物があるといいかなと思って温かいミルクティーを持たせました。

 

お弁当持参の場合、おかずは何にしましたか?

 

amama

Aママ

とんかつです。自分自身の入試のときも、母がとんかつを入れてくれました。

 

tmama

Tママ

私も入試の朝、母にとんかつを揚げてもらったので、受験といえばとんかつだなと思い、娘のお弁当に入れました。娘の受験校は入試が終わってからお弁当を食べるパターンでしたが、娘は試験の手ごたえがなかったときはとんかつを残してきました。それで私にアピールしていたみたいです。自信があるときはしっかり食べてきて、結果はその通り。とんかつを食べた日の入試は合格でした。

 

入試当日に、アクシデントはありましたか?

 

tmama

Tママ

娘がペンケースを忘れたことがありました。1日目の入試の後、塾に行くため別のカバンに入れてしまったのです。2日目、入試会場で筆記具がないことに気がつき、付き添っていた夫が急いでコンビニでシャープペンと消しゴムを買ってきて渡したそうです。でも、やはり動揺してしまい、試験中落ち着かなかったと言っていました。初日はたいていしっかりと持ち物のチェックをしますが、2日、3日と続くと、まさかということが起こりがちなので、気を抜かないようにしたいですね。

 

忘れ物防止の良い方法はあるでしょうか。

 

kmama

Kママ

ペンケースはもうワンセット作って、2つカバンに入れていました。

 

なるほど。必要な物は多めに用意するのも手ですね。

 

p139
amama

Aママ

上の子のとき、朝家を出るのが遅くなって予定していた電車に乗れず、学校にはぎりぎりの到着になってしまいました。慌ただしく教室に送り出すことになり、「がんばって」という言葉かけもできませんでした。それは、今も後悔しています。私が朝から洗濯したりしていたのも時間の余裕がなくなった原因だったので、下の子のときは、後でできる家事は一切せずに出かけましたよ(笑)。朝の出発は早すぎるぐらいでもいいと思いましたね。

 

tmama

Tママ

息子の入試の日、下の子のクラスがインフルエンザで学級閉鎖になり、子どもは元気でしたが小学校に行けなくなってしまいました。私は入試の付き添いがあるので、私の母に来てもらって下の子を見てもらいました。

 

万が一の場合に協力をお願いできる態勢にしておくことも必要ですね。

今月の先輩ママ

Aママ

私立女子進学校を卒業した大学1年生と、私立男子進学校中学2年生の2人のお子さんのママ。専業主婦。
「入試の日の朝出かけるのが遅れ、入試会場にはぎりぎりの到着に。もっと余裕のある送り出しをしたかったです。」

Tママ

私立女子進学校高校1年生と私立男子進学校中学2年生、公立小学校6年生の女の子の3人のお子さんのママ。フルタイム勤務。
「入試当日、ペンケースを忘れてしまった娘。会場で気がつき夫が慌ててコンビニで筆記用具を買って渡しました。」

Kママ

私立女子進学校中学2年生と、公立小学校5年生の男の子の2人のお子さんのママ。パート勤務。
「面接用の服を買いそびれてしまいました。小学校の卒業式でも使うので、早めに用意すればよかったなと思います。」