進学通信2016年10月号

今月のテーマ
中学受験をする意味と 我が家の基準で行う 学校選び

秋が深まるにつれ、受験する学校を決めなければと、焦る気持ちが募っている方もいらっしゃるでしょう。でも、そんなときこそ冷静に、どんな基準で学校を選べばいいのか、我が家の教育方針を再確認しましょう。「これだけは譲れない」というものや「学校教育に望むもの」を明確にしておくと、学校選びがスムーズです。この春受験を経験した中1生のママたちの経験談を、ぜひ参考にしてください。

【3】中学受験をする目的は 将来自分の力で生きていくため

Nさんは受験校を決めるときには、何を重視しましたか?

Nmama

Nママ

上の子の学校選びは主人が主に関わり、偏差値の高さと、紳士的な教育をしてくれる学校という視点で選んだようです。 私は息子の入学後に、私学の学習環境の良さと、進学校の魅力をたっぷり知りました。中1の2学期には、中1の学習内容は終わり、中2の終わりごろには、中学校の勉強がほとんど終わるのです。英検なども、学校で対策をしてくれるので、みんなどんどん合格していきます。

 
 

中高一貫の進学校ならではの学習進度の速さや熱心な教育を目の当たりにされたのですね。

Nmama

Nママ

近所に、公立のトップ高校出身のお子さんがいるのですが、高3のときに「受験勉強をしたいけど、学校の勉強が終わっていないからできない。とくに社会や理科は、私学の一貫校の子にはかなわない」と言っていました。結局その子は浪人することになり、「自分も私学で学び、高2までに学習範囲が終わっていれば高3では大学受験対策に専念できたのに。そうすれば現役で合格できたかもしれない」と悔やんでいたそうです。

 

Nさんは、もともとは大学付属校も考えておられたのでしたね。

Nmama

Nママ

自分がエスカレーター式の私学に通っていたこともあり、とくに娘には大学付属校を勧めていました。私学の魅力は、偏差値などの面以上に、良い友達と出会えることだと思うのです。私自身が中高時代の友達といまだに仲良くつきあっているので、娘にも付属校で一生つきあえる友達を作ってほしいと思っていました。でも、進学校の魅力を知って、そちらにも目を向けるようになったのです。

 

ご主人は賛成されていましたか?

p141

Nmama

Nママ

主人は付属校には反対で、「付属校に入ると、今まで積み上げてきた勉強が無駄になると思う」と言っていました。
「大学は推薦入試で入ってもいいけれど、一般入試でも通用するような学力はつけておかないといけない。今は大学に入れても、就職ができない人もいっぱいいるし、就職できても窓際になってしまったら意味がないから、競争に耐えられるような力を身につけさせたい。そのために中学受験をさせよう」という考えだったのです。最終的には、娘が、部活動がさかんで体を鍛えられるような進学校を気に入り、自分自身で志望校を決めました。

 

そして第一志望校に見事合格されたわけですが、入学してみての感想はいかがですか?

Nmama

Nママ

娘は受験生のころより、中学に入ってからのほうが勉強している気がします。学校は、小テストをひんぱんに行い、丁寧に見てくださっている印象ですね。
受験というのは、一種の通過点なのだなとつくづく思います。学校選びをするときは、入学してから子どもが過ごしやすい環境を探してあげることが大切ですね。

 

学校選びのために説明会に足を運ばれたと思いますが、どのぐらい行かれましたか?

Nmama

Nママ

娘のときは、小4ぐらいから結構行きましたね。合同説明会には年に2、3回、個別の学校説明会に関しては、通わせたいなと思うところには、2~3年の間に同じ学校でも何度も行きました。1年に春と秋の2回行う学校も多かったですよ。

 
 

説明会に何度も行くと、学校を見る目が養われると聞きます。同じ学校でも、やはり複数回行ったほうがいいですか?

Nmama

Nママ

「今年はこういう点が変わります」というお話があったりするので、教育内容の変化や入試の最新情報を知るためにも行っておいたほうがいいと思います。子どもを連れて行くのは4、5年生のときが多く、6年生の時に行ったのは、第一志望校の1回だけでした。6年生は塾が忙しくなってなかなか連れて行けなくなるのです。

 
 

先輩ママ

Nママ

私立女子進学校中学1年生と、私立男子進学校中学3年生のママ。専業主婦。ご主人との4人家族。
「上の子の学校で、進学校の魅力を発見。娘の志望校は、「活発に学校生活を送れそう」と娘自身が判断して決めました。」

Hママ

私立女子進学校中学1年生と高校受験をした私立高校3年生の2人の女の子のママ。専業主婦。ご主人との4人家族。
「学校見学時の先生の対応がすばらしかったので、最初は乗り気でなかった主人も受験することを賛成してくれました。」

Mママ

私立女子進学校中学1年生と、幼稚園年長の男の子のママ。パート勤務。ご主人との4人家族。
「志望校を決めた一番の理由は教育内容。合同説明会で会った先生が、娘のことを覚えていてくれたことも感激でした。」