進学通信2016年10月号

今月のテーマ
中学受験をする意味と 我が家の基準で行う 学校選び

秋が深まるにつれ、受験する学校を決めなければと、焦る気持ちが募っている方もいらっしゃるでしょう。でも、そんなときこそ冷静に、どんな基準で学校を選べばいいのか、我が家の教育方針を再確認しましょう。「これだけは譲れない」というものや「学校教育に望むもの」を明確にしておくと、学校選びがスムーズです。この春受験を経験した中1生のママたちの経験談を、ぜひ参考にしてください。

【1】教育内容や校風をポイントに 実際に見て聞いて選んだ学校

学校選びの基準はどういうところに置かれましたか?

mmama

Mママ

我が家は大学付属校ではなく、進学校であることが第一条件でした。入学してから勉強面でゆるませることなく、適度におしりをたたいてくれて、もちろん人間的にも成長させてくれる学校を希望していたのです。
最初は公立中高一貫校も考えていたのですが、私の見た限りでは、授業のフォローや夏期講習などが思ったほどのものは望めなかったので、私立に絞りました。

 

私立の進学校の中からは、どのように学校を選んでいったのですか?

mmama

Mママ

最終的には、今通っている学校1校しか受けませんでした。この学校に思い入れを強く持った理由は、学校内で自習ができるシステムが整っていたことです。
私は、家で娘に「宿題終わったの?」とか「テスト勉強は大丈夫?」などとうるさく言いたくなくて、学校で勉強を終わらせてきてくれるのはいいなと思ったのです。本人も、「この勉強のスタイルは自分に合っている」と気に入ったようでした。

 

校風などの面についてはいかがでしたか?

p139mmama

Mママ

当初は私だけが説明会などに行っていましたが、先生のお話を聞いていると、この学校にはなんとなくフィット感がありました。それほどがつがつしているわけではなく、柔らかい雰囲気がありつつ元気さもあり、娘に合っているんじゃないかなと思ったのです。
その後、娘を合同説明会に連れて行き、その学校のブースで先生とお話をしました。しばらくして、その学校の入試体験会に行ったところ、合同説明会のときに会った先生が娘を見て、「よく来ましたね、○○ちゃん」と言ってくださったのです。
たった一度お会いしただけなのに覚えていて声をかけてくださって、しかも「こういうことに興味があるのでしたよね」と、娘に話をしてくださいました。
もう親子ともに大感激。「絶対ここにお世話になろう」と決意しました。

 
 

先生はお子さんのことが印象に残っていたのかもしれませんね。

mmama

Mママ

娘の興味の対象がめずらしかったので記憶に残ったのかもしれません。その学校の部活動にはないものでしたが、「意思を示せば、部活を作ることもできるよ」と教えてくださいました。そういう生徒のやる気を後押ししてくださる雰囲気もいいなと思いましたね。ウチは短期決戦の受験だったこともあり、いろいろな学校を受けるよりも的を絞ったほうが対策しやすいと思い、この学校一本でいくことにしました。

  

hmama

Hママ

ウチの学校選びは、私の感覚が基準でした。受験を決めたのが遅く、そんなに上位の学校は狙えないことはわかっていましたが、主人がいわゆる偏差値のいいところに行かせたいという考えだったのです。そんな中で主人と私の気持ちが折り合ったAという学校があり、とりあえずの第一志望校にしていました。
塾の先生から、念のために「第二志望校も決めてください」と言われて、探したのがB校でした。初めは塾の先生に勧められたのですが、主人に話したら、「聞いたこともない」と即却下。でも、私は気になって見に行ったのです。そうしたら、とてもいい学校だったのです。

 
 

先輩ママ

Nママ

私立女子進学校中学1年生と、私立男子進学校中学3年生のママ。専業主婦。ご主人との4人家族。
「上の子の学校で、進学校の魅力を発見。娘の志望校は、「活発に学校生活を送れそう」と娘自身が判断して決めました。」

Hママ

私立女子進学校中学1年生と高校受験をした私立高校3年生の2人の女の子のママ。専業主婦。ご主人との4人家族。
「学校見学時の先生の対応がすばらしかったので、最初は乗り気でなかった主人も受験することを賛成してくれました。」

Mママ

私立女子進学校中学1年生と、幼稚園年長の男の子のママ。パート勤務。ご主人との4人家族。
「志望校を決めた一番の理由は教育内容。合同説明会で会った先生が、娘のことを覚えていてくれたことも感激でした。」