進学通信2016年12月号

今月のテーマ
勉強は大変? 校風は真面目? 学校生活は楽しい?
御三家校ってどんなところ?

私立中学・高校には、合格難易度や大学合格実績の高い難関校があります。その中でも、とくに伝統や校風などの評価が高い「御三家」と呼ばれる人気校が存在します。「東京男子御三家」といえば、「開成」「麻布」「武蔵」。「東京女子御三家」といえば、「桜蔭」「女子学院」「雙葉」。「学校名はよく聞くけれど、いったいどんな学校なのかしら?」と気になる方も多いと思います。今回は、御三家校の在学生と卒業生のお母さんに、合格までの道のりと入学した学校についてお話しいただきました。

【4】難関校に通うメリットとめざす人へのアドバイス

お母さんたちはどのような雰囲気ですか?

 

kmama

Kママ

学校行事ともなると、母たちも熱いですよ。「子どもたちの行事を成功させなければ」という意気込みを感じます。保護者の団結力も生まれていましたね。

 

rmama

Rママ

娘の学校は親のサークル活動があったり、PTA活動も熱心に行われていたりするので、深く学校に関わろうと思えば、参加する機会がいろいろありました。私は積極的にPTAの役員を引き受け、母親同士の交流を深めました。楽しかったですよ。

 

imama

Iママ

私も役員を引き受けてみたのですが、あまり仕事はなく、そんなにお母さん同士が仲良くなる機会はありませんでした。そこで私は、個人的にクラスやクラブが一緒のお母さんたちに声をかけてランチ会を企画していました。みなさん楽しみにしてくださっていたので、2カ月に1回ぐらい開いていましたね。ただ、その場で出る話題は、子どもの話が中心で、それも塾の情報交換が多かったです。

 

保護者のカラーも学校によって違うようですね。ところで、御三家校を含む難関校をめざす方の中には、成績がぎりぎりだと入ってからついていけるか心配だから、学力に余裕のある学校に入ったほうがいいかなと迷う方もいるようです。そんな方にアドバイスをお願いします。

 

kmama

Kママ

本人次第だと思います。余裕があると思って怠けてしまうと、結局成績は下がってしまうでしょうし、ぎりぎりで入っても食いついていけば、意外に上のほうにいけるかもしれません。私だったらぎりぎりでもいいと思うかな。

 

mmama

Mママ

子どもの性格によると思いますが、小学校のときと、中学に入ってからでは変わる子も多いので、なかなか読めないでしょうね。「受かったらご縁」と考えるのも、ひとつではないでしょうか。また、中学受験では、トップで合格するお子さんは点数も高いと思いますが、ボーダーラインには多くの受験生がひしめいているはずなので、トップ層以外はそれほど大きな差はないと思いますよ。

 

rmama

Rママ

私も子どもの性格によると思います。子どもの性格をいちばんよくわかっている親が、よく見きわめてあげることが大事ですね。もしわからなければ、ふだん授業を受けているようすを見ている塾の先生に相談してみてもいいのではないでしょうか。

 

imama

Iママ

親御さんのタイプもありますね。私のように、「周りの人が東大を受けるんだから、あなたも受けるわよね」などと思ってしまう人は考えたほうがいいかもしれません。東大進学が当たり前という環境の中で、子どもが希望しないのにへんな期待をしてしまうと、子どもがかわいそうですし、親もつらいと思います。

 

いろいろな側面から考える必要がありそうですね。難関校に通うメリットとはなんだとお考えですか?

 

201612_5
mmama

Mママ

友達から受ける刺激が多いので、そこは環境としてはいいなと思います。成長とともにだんだん親の出る幕はなくなってくるので、本人のモチベーションが下がったときに、何かのきっかけを得られる機会が多いのはありがたいですね。

 

rmama

Rママ

娘はもう社会人なのですが、プレゼンが上手だと言われるらしいです。それは、娘によると、「あの中高で学んだからかな」ということです。また、みんなで何かする協調性とか、盛り上げるためのサービス精神などは、中高のさかんな学校行事で身についたものだと思います。学びの姿勢や人格形成に影響を与える中高時代の環境は、良かったなと思いますね。

 

貴重なお話をありがとうございました。難関校をめざす場合も、偏差値だけではなく、校風や教育方針などがご家庭やお子さんに合うかどうかを考えて学校を選ぶことが大切ですね。受験生の保護者のみなさんは、わが子が中学生になった姿を思い浮かべながら、受験生活を支えてあげてください。

今月の先輩ママ

Kママ

男子御三家校を卒業した大学生のお子さんのママ。中学受験は考えていなかったが、お子さんが塾に行きたがり、流れで受験することに。
「学校はあまりガツガツ勉強させません。大多数の生徒の定期試験の勉強は、短期決戦のようです。」

Mママ

男子御三家校に通う中学生のお子さんのママ。お子さんは小学校時代、進学塾の前に、お母さんの考えで算数教室や理科実験教室に通った。
「科目によっては授業の進度が早く、中1で大学受験レベルの内容を習っていて驚きました。」

Iママ

女子御三家校を卒業した大学生のお子さんのママ。幼少期から家庭教育を実践していたので、受験する前から志望校合格は確信していた。
「毎日勉強するのが当たり前で、勉強していることを隠さなくていいという学習環境でした。」

Rママ

女子御三家校を卒業し、私立大学を経て社会人になったお子さんのママ。小学校受験も経験。ご主人の意向で上位校から学校を選んだ。
「自由な校風の学校でしたが、運動部に入ると、上下関係が厳しかったことが印象的です。」