進学通信2016年12月号

今月のテーマ
勉強は大変? 校風は真面目? 学校生活は楽しい?
御三家校ってどんなところ?

私立中学・高校には、合格難易度や大学合格実績の高い難関校があります。その中でも、とくに伝統や校風などの評価が高い「御三家」と呼ばれる人気校が存在します。「東京男子御三家」といえば、「開成」「麻布」「武蔵」。「東京女子御三家」といえば、「桜蔭」「女子学院」「雙葉」。「学校名はよく聞くけれど、いったいどんな学校なのかしら?」と気になる方も多いと思います。今回は、御三家校の在学生と卒業生のお母さんに、合格までの道のりと入学した学校についてお話しいただきました。

【2】合格までの道のりで保護者が気にかけたこと

ところで、小学校のころはどのようなお子さんだったのですか?

 

201612_3
kmama

Kママ

あまりまわりを気にしない子でしたね。それから、塾のテストがあると、次の日に必ず熱を出していました。集中しすぎて疲れてしまうらしいのです。最初は理由がわからず、風邪をひいたのかしらと思っていましたが、毎月のテストのたびに発熱するのでおかしいと思い、「そんなにテストに気合を入れなくてもいいからね」と言ったら治りました(笑)。

 

mmama

Mママ

下の子の幼少期は、上の子よりも飲み込みがあまり早くなくて、どちらかというと器用ではないタイプだと思っていました。ただ、中学受験に関しては、本人の行きたい学校があり、受かりたい気持ちが強かったので、モチベーションが高いことは、強みだと思っていました。

 

中学受験のために特別なことはされましたか?

 

mmama

Mママ

小3のときに、進学塾よりも先に、算数教室と理科の実験教室に通わせました。「10歳までに空間を把握する能力をつけるとよい」と私が本で読み、空間や迷路などを学ぶ算数教室に行かせてみたのです。本人はおもしろがって取り組み、算数が得意科目になったので、受験には効果があったのではないかなと思っています。理科の実験教室は、上の子の受験のとき、実験の内容や実験器具の入試問題が出ていたので、本で覚えるよりも実際に実験したほうが身につくだろうし、理科にも興味を持ってほしいと思い、通わせることにしたのです。本人はそれも気に入って、6年生になるまで3年間通い続けました。それも受験の結果に結びついたのではないかなと思っています。

 

お母さんがやらせてみようと思ったことは、迷わず実行に移されたのですね。

 

mmama

Mママ

やめるのはいつでもやめられますから、迷っているより、試してみようと思っていましたね。

 

受験勉強で苦労されたことはありますか?

 

mmama

Mママ

こうした教室に通っていたためか、息子は理数系の科目は得意だったのですが、社会の歴史が苦手でした。小6の最初に受けた模試では、なんと0点に近かったのです。これはまずいと思い、模試や授業で間違えた問題を、資料集を見て確認するという作業を一緒にするようにしました。それはおもしろかったようで、その問題の周辺の年表や起こったできごとなどをどんどん脱線して読むようになったのです。そうしたら点数が伸びてきて、1学期間続けたら合格者平均点ぐらいは取れるようになり、最後のほうは理科よりも社会のほうが安定的に点数を取れるようになりました。

 

kmama

Kママ

ウチも文系の科目は苦手でした。入試では読解力が必要で、長文の場合は読むのにも速度が必要です。文章に慣れることと、語彙を増やすために本を読むことは心がけるように言いました。

 

imama

Iママ

幼児期には、娘の疑問に答えるため、子ども向けのものから専門的なものまで図鑑を買いそろえて、いつでも調べられるようにしていました。小学校に入ってからは、少し難易度の高い通信教育を、進学塾に通うようになるまで続けました。

 

みなさん、お子さんの学習環境を整え、受験勉強がスムーズに進むようフォローされていたことがわかります。

今月の先輩ママ

Kママ

男子御三家校を卒業した大学生のお子さんのママ。中学受験は考えていなかったが、お子さんが塾に行きたがり、流れで受験することに。
「学校はあまりガツガツ勉強させません。大多数の生徒の定期試験の勉強は、短期決戦のようです。」

Mママ

男子御三家校に通う中学生のお子さんのママ。お子さんは小学校時代、進学塾の前に、お母さんの考えで算数教室や理科実験教室に通った。
「科目によっては授業の進度が早く、中1で大学受験レベルの内容を習っていて驚きました。」

Iママ

女子御三家校を卒業した大学生のお子さんのママ。幼少期から家庭教育を実践していたので、受験する前から志望校合格は確信していた。
「毎日勉強するのが当たり前で、勉強していることを隠さなくていいという学習環境でした。」

Rママ

女子御三家校を卒業し、私立大学を経て社会人になったお子さんのママ。小学校受験も経験。ご主人の意向で上位校から学校を選んだ。
「自由な校風の学校でしたが、運動部に入ると、上下関係が厳しかったことが印象的です。」