進学通信2016年12月号

今月のテーマ
勉強は大変? 校風は真面目? 学校生活は楽しい?
御三家校ってどんなところ?

私立中学・高校には、合格難易度や大学合格実績の高い難関校があります。その中でも、とくに伝統や校風などの評価が高い「御三家」と呼ばれる人気校が存在します。「東京男子御三家」といえば、「開成」「麻布」「武蔵」。「東京女子御三家」といえば、「桜蔭」「女子学院」「雙葉」。「学校名はよく聞くけれど、いったいどんな学校なのかしら?」と気になる方も多いと思います。今回は、御三家校の在学生と卒業生のお母さんに、合格までの道のりと入学した学校についてお話しいただきました。

今月の先輩ママ

Kママ

男子御三家校を卒業した大学生のお子さんのママ。中学受験は考えていなかったが、お子さんが塾に行きたがり、流れで受験することに。
「学校はあまりガツガツ勉強させません。大多数の生徒の定期試験の勉強は、短期決戦のようです。」

Mママ

男子御三家校に通う中学生のお子さんのママ。お子さんは小学校時代、進学塾の前に、お母さんの考えで算数教室や理科実験教室に通った。
「科目によっては授業の進度が早く、中1で大学受験レベルの内容を習っていて驚きました。」

Iママ

女子御三家校を卒業した大学生のお子さんのママ。幼少期から家庭教育を実践していたので、受験する前から志望校合格は確信していた。
「毎日勉強するのが当たり前で、勉強していることを隠さなくていいという学習環境でした。」

Rママ

女子御三家校を卒業し、私立大学を経て社会人になったお子さんのママ。小学校受験も経験。ご主人の意向で上位校から学校を選んだ。
「自由な校風の学校でしたが、運動部に入ると、上下関係が厳しかったことが印象的です。」