進学通信2016年11月号

今月のテーマ
男子校ママ・女子校ママに聞きました
男子校・女子校の特色と気になる学校生活

共学の小学校に通うお子さんが多いと思いますが、私立中学・高校には男子校や女子校があります。「男子校」「女子校」にはどんな特色があるのでしょうか。また、生徒たちの学校生活はどのようなものなのでしょう。先輩ママたちに学校のようすをうかがってみました。

【5】先輩ママの声 男子校・女子校・共学校ってどんなところ?

image_06_201611

 

プラス面

  • 生徒同士の仲間意識が非常に強いと思う。(男子校ママ)
  • 自分の素の面を出して過ごせる。(男子校ママ)
  • 男女さまざまな意見を聞くことができ、視野が広がる。(共学校ママ)
  • 男子の目を意識せず、授業中も遠慮なく発言できる。(女子校ママ)
  • 「女子だからこうしなければならない」という固定観念を持たずに育ちやすい。(女子校ママ)
  • 学校内でできた異性の友達は、情報が入ってきやすいので、そのほうがかえって心配は少ない。(共学校ママ)
  • 異性がいるとコンプレックスになることも、気にせず過ごすことができる。(女子校ママ)
  • 男女が自然に気を遣い合うことができる。(共学校ママ)
  • 男子校のママはサバサバしている人が多くてつきあいが楽。(男子校ママ)

 

マイナス面

  • 女性としてのたしなみに欠ける。(女子校ママ)
  • 女性を美化したり、意識しすぎたりする傾向がある。(男子校ママ)
  • 男女の比率によっては、バランスが取れていないと感じることも。(共学校ママ)
  • 生徒同士きついことを言い合い、エスカレートしやすい。(女子校ママ)
  • 男女交際の話題が出ることが多く、勉強の邪魔になっているのではないかと心配(共学校ママ)
  • いろいろな面でおおざっぱ。(男子校ママ)
  •  

今月の先輩ママ

Sママ

私立男子進学校を卒業した大学1年生の長男、私立女子進学校中学2年生の長女、公立小学校6年生の次男、3人のお子さんのママ。
「男子校・女子校ならではの学校行事が経験でき、学習面は男女の特性を生かした指導で、効率的に学べるようです」

Yママ

私立男子進学校高校3年生と別の私立男子進学校中学2年生の兄弟のママ。
「息子からは学校の情報が得られないと思い、中1からPTAの役員を引き受け、学校に行く用事を作っていました」

Hママ

それぞれ別の私立女子進学校を卒業した姉妹のママ。長女は社会人、次女は大学1年生。
「娘は、卒業後に出会った共学出身の女子と、自分たち女子校出身者には違いがあると感じているようです」