進学通信2016年9月号

今月のテーマ
9月からの 受験生活と 学習の進め方

中学受験をする理由や教育に関する考え方は家庭によって違いがあり、受験への向き合い方もさまざまです。
今年の春、 中学受験を経て私立中学に入学したお子さんを持つママたちに、中学受験を振り返っていただき、秋からの受験生活について経験談をうかがいました。

【4】入試直前に集中力のピークを 秋の勉強はペース配分も

受験勉強のモチベーションを保つことはできたのでしょうか。

Mmama

Mママ

本人も、他の人と比べて遅いスタートだという自覚はあったので、勉強を投げ出すことはありませんでした。ただ、言われた以上の学習をしないことは気になっていました。計画通りには進めるのですが、余裕があってもそれより早く進めようとは思わないようなのです。

早めに進めるようお母さんが仕向けることは?

Mmama

Mママ

親としてはやきもきしましたが、集中力の高さのピークをいつもっていったらいいかと考えると、入試直前の12月ごろにエンジンがフルにかかるといいのではないかと思いました。そのためには9月の段階では温存させて、「毎日言われたことがきっちりできていればよしとしよう」と決めました。

冬にはエンジンがかかりましたか?

p143

Mmama

Mママ

直前期までは本人のペースに合わせて、エンジンを無理やりかけるようなことはしませんでしたが、冬休みにはめちゃくちゃがんばらせました。もともと短期決戦でしたが、追い込みをかけるときに集中してやればいいと判断したのです。逆に言えば、本人のエンジンがかからない限りは、どれだけまわりが言っても効果は上がらないのではないかと思います。

Nmama

Nママ

Mさんは分析力にたけていますね。模擬試験などは受けていましたか?

  

Mmama

Mママ

それが1回も受けなかったんですよ。おそらく、模試を受けていたら、また違っていたと思います。遅いスタートというのはわかっていたので、小学校のテストを見て、基礎ができていればOKと判断するようにしました。

 

Hmama

Hママ

ウチも模試は受けませんでした。世間ではどんどん受けるようにと言われているのは知っていましたが、受験勉強を開始したのが遅いので、模試を受けても高得点を取れるはずがありません。ですから受けてもあまり意味がないと思ったのです。塾に通う目的は小学校の勉強の基礎固めだったので、詰め込むような勉強はさせたくないという思いもありました。通っていた塾と、我が家の教育方針は合っていましたね。

 

Nmama

Nママ

模試を受けなかったとは驚きです。ウチは6年生のときは、ほぼ毎週受けていましたよ。

 

テストでは成績が気になりますね。

Nmama

Nママ

娘は3、4年生のときは、成績がよかったのですが、5年生で中だるみのような感じになりました。5年生の塾のカリキュラムはやることがたくさんあって、きつい時期なんです。娘は疲れてきて、成績別に編成される塾のクラスが下がったことがあるのですが、実はそれが娘にとってはよかったようです。上のクラスで成績が下がるのを心配しながら過ごすより、余裕のあるクラスでいい位置をキープするほうがモチベーションを維持するのに役立ったみたいなんですね。
6年生になり、夏休みにがんばった成果か、9月以降に成績は持ち直しました。さらに年末に近づくにつれて成績がよくなっていき、塾の先生から「志望校を見直して、もっと上の学校を狙ってみたら」と言われるようになりました。それで本人は、「さらにがんばらないと」と自らやる気になっていったようです。

お母さんは、どのような気持ちで見守っていらしたのですか?

Nmama

Nママ

当初、主人は「塾のクラスが下がったら塾をやめさせる」と言っていました。5年生でクラスが下がったとき、どうするのかなと思ったら、「娘はやる気があるので続けさせよう」と主人は判断したんです。私はそのとき、やめさせるならそれでもいいかなと思っていました。塾の送り迎えやお弁当作りも大変ですし、娘の場合は絶対私立でなければだめだとも考えていませんでしたから。でも、結果的に成績は伸び、志望校にも合格しました。私は、本人がやりたいようにさせるだけで、特に何も言いませんでした。

入試のころにピークをもっていくことがいいとはわかっていても、なかなか調整するのは難しいものですが、お子さんのやる気を信じて実現することができたのですね。
それぞれの家庭で中学受験のあり方は異なりますが、家庭の教育方針を立ててしっかりと受験に向き合った結果、みなさん合格を手にされました。
次号では学校の選び方や入学してからの感想などをお聞きしたいと思います。

今月の先輩ママ

Nママ

私立女子進学校中学1年生と、私立男子進学校中学3年生のママ。専業主婦。ご主人との4人家族。
「通塾は小3から始めた一般的なパターンです。2人の子どもの受験はまったく違うものでした」

Hママ

私立女子進学校中学1年生と、高校受験をした私立高校3年生の2人の女の子のママ。専業主婦。ご主人との4人家族。
「小学校の基礎固めを目的とした塾通いでしたが、小6の11月に受 験することを決めました」

Mママ

私立女子進学校中学1年生と、幼稚園年長の男の子のママ。パート勤務。ご主人との4人家族。
「本人と徹底的に話し合って小6の6月から通塾を開始しました。 我が家の中学受験は短期決戦タイプです」