進学通信2016年8月号

今月のテーマ
私立中学・高校で得たものと 子どもの将来について 思うこと

中学受験を経て私立中高で学んだ子どもたちには、どんな将来が待ち受けているのでしょう。また、私学で学ぶメリットとは? 今月も先輩パパたちのお話をうかがいながら、子どもの将来に思いを馳せてみましょう。
中1生ママが答える「受験生の夏休みQ&A」も併せてご覧ください。

【3】中学受験の勉強は 決して無駄にならないと実感

中学受験で学んだことは、その後も役立つと思われますか?

Tpapa

Tパパ

思いますね。息子の友人のお兄さんの例ですが、ある難関校に入ったもののまったく勉強せずに成績は最下位レベル。大学は当然どこにも受からず、浪人することになったそうです。そこで一念発起してがんばったら、1年間で難関私大に合格。やはり、中学受験で得た知識が基礎になっているんだなと思いました。

 
 
Kpapa

Kパパ

それはあるかもしれませんね。僕も、中学受験の塾の勉強の量の多さと難しさには驚きました。算数は、難問になると僕にも解けませんでしたし、社会も大学受験レベルのものを学んでいましたね。それを塾の先生は上手に教えてくれるのです。たとえ小学生のときにはよくわからなくても、後に深く学んだときに理解するという経験をしているんじゃないかな。

中学受験の勉強で、膨大な知識を得るのですね。

Kpapa

Kパパ

詰め込みだという批判もあるかもしれませんが、詰め込まなかったら、その知識は使えないわけですからね。決して無駄にはならないと思います。中学受験を乗り越えた子どもが、後にその知識の使い方がわかるようになればすばらしいことですね。

 
 
4Tpapa

Tパパ

引き出しの量を増やしてあげるということかもしれませんね。

 
 
Kpapa

Kパパ

もちろん、嫌がる子どもに無理やり中学受験の勉強をさせるのはよくないかもしれませんが、うまく仕向けて、子どもが意欲的に勉強するのであればいいのではないでしょうか。娘は、塾のクラスが一つずつ上がっていくことが楽しかったみたいですよ。競争というのか、切磋琢磨する環境で、やる気を伸ばしてもらったのでしょうね。

Tpapa

Tパパ

子どもによると、塾には〝かなわないやつ〟が常にいるそうです。すごいと思う友達を目標にしたり、ときには競争したりするのがおもしろかったみたいですね。

 
 

中学受験のときの印象的な出来事はありますか?

Tpapa

Tパパ

入試の時の失敗談があります。志望順位では下の方の学校だったのですが、試験中に息子は腕時計のアラーム音を鳴らしてしまいました。試験は完璧にできたと言っていましたが、不合格でした。鳴らないように親が設定しておいたのですが、試験が早く終わったので、本人が時計をいじってしまい、ピッピッと鳴ってしまったそうなんです。

その後は、そういうことがないよう肝に銘じたことでしょうね。

Tpapa

Tパパ

それが先日、大学の試験中にスマホが鳴ってしまい、学生課から呼び出されて「二度としません」と誓約書を書かされたと言っていました……。失敗談ばかり話して息子に怒られそうなので、中学受験のときの自慢話も一つ。ある学校の受験で、息子は塾の先生から「特待合格を狙え」と言われていたのに、特待がとれなかったんですね。それが悔しかったらしく、合格しているにも関わらず、次の回の試験にも挑戦し、特待合格を勝ち取りました。負けず嫌いなタイプではないと思っていたのですが、いつの間にかチャレンジ精神が育ったようです。

中学受験によって、お子さんの新たな一面を知ったのですね。

Tpapa

Tパパ

こんなにがんばれる子だとは思わなかったです。中学の受験勉強はやることが多く、日々の宿題の量もものすごくて、マインドが強くないと続けられなかったでしょう。よくがんばったなと思いますね。

今月の先輩パパ

Tパパ

2人の男の子のパパ。埼玉県在住。会社役員。次男が中学受験を経験し、私立共学進学校を卒業して現在大学3年生。長男は会社員。奥様との4人家族。
「息子が留学で得たものは大きかったですね。グローバルな人材になってほしいと家内も考えているようです。」

Yパパ

女の子と男の子2人のパパ。東京都在住。自営業。長女は大学2年生。長男が中学受験を経験し、現在私立男子進学校の高校2年生。奥様との4人家族。
「大学を卒業したらあとは自分の責任で。「自分の頭で考えられる人間になってほしい」と願っています。」

Kパパ

男の子と女の子2人のパパ。千葉県在住。自営業。2人とも中学受験を経験。長男は私立共学進学校の高校2年生。長女は別の私立共学進学校に通う中学2年生。奥様との4人家族。
「大学に行くなら学部の選択にも口は出さないつもりです。自分の好きな道を歩んでいってほしいですね。」