進学通信2016年6月号

今月のテーマ
中1生と 高3生の ママに 聞きました
私立中高の学校生活の実際

私学生は、どんな中高生活を送っているのでしょうか。授業、テスト、成績、家庭学習などの勉強面や大学受験についてはもちろん、通学や生活リズム、部活動や休日の過ごし方も気になります。
入学したばかりの中1生と、卒業間近の高3生のお子さんを持つママたちにお集まりいただき、私学の中高生活を本音で語っていただきました。

今月の先輩ママ

Aママ

私立女子進学校に通う高校3年生と、私立男子進学校に通う中学1年生のママ。専業主婦。
「私学の教育環境に子どもを入れることは、親として安心感を得られます。学校の先生、先輩、友達からの影響は大きいと思います。」

Sママ

私立女子進学校を卒業した大学院1年生と、私立男子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「多感な中高時代を過ごす中で心配した時期もありましたが、部活動の経験もでき、まわりからよい影響を受けて成長した6年間でした。」

Kママ

私立女子進学校に通う中学1年生と公立小学校4年生の男の子のママ。パート勤務。
「私学の先生は専門的な内容の授業をしてくださるので、深い勉強ができていると感じます。楽しく学んでいる姿に満足しています。」