進学通信2016年4・5月合併号

今月のテーマ
受験生ママと私学生ママ座談会 〜
受験と私学に関する不安と疑問を解消!

「中学受験に向けて子どもが勉強を始めたのはいいけれど、不安や疑問がいっぱい」という方も多いのでは。今回は受験生のママと私学生のママにお集まりいただきました。現役ママならではの悩みを聞いて、先輩ママが体験談に基づくアドバイスをしてくれます。ぜひ参考にしてください。

3)子どものタイプを見きわめて上手にほめることがコツ

それは大変でしたね。今振り返ってみて、中学受験をしてよかったとお考えですか?

 

mama_A_201604

Aママ

息子は公立中学校だったら、高校受験に関わるような内申点をとれる要領のいい子ではないですし、友達に流されてしまうタイプだったと思います。今は、息子に合った、のんびりとした私立に入って、その生活を謳歌しています。本人も私も、「勉強のことをうるさく言わない学校に入ってよかった」と満足しています。
ただ、現在高3の上の子の大学受験があまりにも大変なので、息子は大学付属校に入れればよかったなとちょっと思っています。小学生のころは夢も希望もあって、国立大学に行ってほしいと思っていましたが、現実は厳しそうです。

 

mama_S_201604

Sママ

ウチの息子も器用ではないので、公立中学に行っていたら、内申点はボロボロだったんじゃないかしら。私立はいろいろな種類の運動部があるのも魅力でしたね。息子の学校は運動部が盛んで、学校行事も盛り上がる校風。楽しい6年間を過ごせてよかったと思っています。

 

中学受験時代を振り返って反省点はありますか?

 

mama_S_201604

Sママ

中学受験をすると、子どもに向き合うことが多くなるので、子どもの性格をよく知ることができます。どんな言葉がけがその子に合っているかがわかるようになるんですね。子どもは「ほめると喜ぶ」という共通点があると思いますが、うまくほめないとダメ。その子に響く言葉で上手にほめると、とても効果があると思いました。ただ、当時は私もうまくできなくて、テストの結果を見てはパッと反応して、きつい言葉を言ってしまっていました。一呼吸おいていいところを見つけて、最初にほめればよかったですね。

 

ほめて伸びたエピソードはありますか?

 

mama_S_201604

Sママ

中学受験生時代、塾の先生が「算数はまあできますね」とおっしゃったのを、「先生が算数の才能があるってほめていたよ」とかなり大げさに本人に伝えたのです。それがずっと心の中にあったようで、高校時代まで数学が得意教科として伸びていきました。一方で、失敗したのが国語です。当時、国語の点数がなかなか上がらなかったので、「本当に国語ができないね」と言ってしまった私のひと言が心に残ってしまい、ずっと苦手意識が消えなかったようです。それは後悔しています。

 

中学に入ってからも、受験生時代のことが影響するのですね。Aさんは振り返っていかがですか?

 

mama_A_201604

Aママ

息子は2人目の子どもなので、育児にあまり手をかけてきませんでした。でも、中学受験生の3年間は、私が手とり足とり面倒を見たので、そのこと自体は息子はうれしくて満足しているようです。親子の仲はよくなったと思います。

 

どのぐらい勉強に関わったのですか?

 

mama_A_201604

Aママ

小5からの2年間は、毎日私が漢字の問題を作り、計算問題の丸つけもしました。息子は、「ママのおかげで今の学校に入れた。ママの力8割、俺2割」なんて言っています。今は学校が楽しいので、感謝してくれています。

 

image04_201604

 

今月の先輩ママと現役ママ

Sママ

私立女子進学校を卒業した大学院1年生と、私立男子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「受験校を決めるときは迷いましたが、子どもの自立を促すために、自由な校風の学校を選びました」

Aママ

私立女子進学校に通う高校3年生と、私立男子進学校に通う中学1年生のママ。専業主婦。
「息子の受験生時代は1年間遊びを禁止しました。今は私に感謝し、学校生活を楽しんでいます」

Kママ

私立女子進学校に通う中学1年生と公立小学校4年生の男の子のママ。パート勤務。
「スポーツを続けさせたいのですが、受験勉強との両立が負担になりつつあり、悩んでいます」

Nママ

公立小学校4年生の女の子のママ。お子さんは一人っ子。専業主婦。
「小学校で、塾の成績が話題になっているようです。友達関係が変わってきたのが心配です」