進学通信2016年4・5月合併号

今月のテーマ
受験生ママと私学生ママ座談会 〜
受験と私学に関する不安と疑問を解消!

「中学受験に向けて子どもが勉強を始めたのはいいけれど、不安や疑問がいっぱい」という方も多いのでは。今回は受験生のママと私学生のママにお集まりいただきました。現役ママならではの悩みを聞いて、先輩ママが体験談に基づくアドバイスをしてくれます。ぜひ参考にしてください。

1)子どもの意向でスタート 受験生活を模索する日々

まずは、現在小学4年生のお子さんのママお2人に、中学受験の動機をお聞きしたいと思います。

 

mama_N_201604

Nママ

一番の理由は高校受験を避けたいということです。なぜかと言いますと、娘が中学3年生になる年は2020年。ちょうど東京オリンピックの年にあたります。娘は何らかの形でオリンピックに関わりたいという希望を持っており、中学生が手伝えるようなものがあれば参加したいそうです。もし、そういうチャンスが訪れたら、高校受験に邪魔されることなく、オリンピックに集中したいというのが、中学受験を考えたきっかけでした。好奇心旺盛で多趣味な子なので、伸び伸びといろいろなことに挑戦してほしいと考え、親も中学受験に賛成しました。

 

mama_K_201604

Kママ

ウチは、2人目の男の子が小学4年生。昨年受験して私学に通っている姉の姿を見て、「僕も受験したい」と言ったのがきっかけです。
上の子はエネルギーが高いので、充実した学校生活を送らせたいという思いで、親も私立へと気持ちが向いていきました。でも、息子は上の子とはタイプが違い、幼いところもありますし、論理的な思考が苦手。親としてはまだ考えていなかったのですが、本人が中学受験に関心を向けたので取り組ませることにし、1年ほど前から塾に通わせ始めました。〝男の子の受験〟はわからないことが多く、模索中です。

 

私学に対してはどんなイメージをお持ちでしたか?

image02_201604

 

mama_K_201604

Kママ

私自身は中学受験を経験していませんが、私が通った女子大では、私立中高出身の同級生がけっこういて、あいさつのように出身校名を言っていました。そのようすを見て、「東京は私立が主流なんだ」とあこがれを持ち、私立に対していいイメージができたかもしれません。

 

Nさんのお子さんが塾に通い始めたのはいつごろからですか?

 

mama_N_201604

Nママ

小4の5月からです。先輩のお母さん方からいろいろ塾の情報を聞いて体験授業に参加し、本人が行きたいと言ったところに通わせることにしました。今は週2回で、授業時間もそれほど長くありません。家庭での学習は、塾で出された課題をやっているだけです。今はまだそんなに負担は感じていません。

 

お母さんは勉強にどのように関わっていますか?

 

mama_N_201604

Nママ

最初のうちは勉強のしかたがわからないようすだったので、テキストの解答の見方とか、丸つけの方法を教えました。2カ月ぐらいでだいたい自分でできるようになり、今は私はほとんど関わっていません。こちらから「勉強しなさい」と言うのではなく、本人がやる気になったらやらせるようにしています。

 

mama_K_201604

Kママ

受験するにあたって、まず塾に行かせるのは当然と考えました。プロにお願いしたほうがうまくいくと思いますから。上の子が通った塾は、比較的自立したタイプの子に向いていて、娘にはとても合っていてよかったのですが、下の子にはその塾のスタイルでは無理だろうと思い、面倒見がいい別の塾に通わせています。

 

お母さんの関わり方で、上のお子さんのときとは違うことはありますか?

 

mama_K_201604

Kママ

娘のときには、受験間際まで私が塾に連絡を入れることはほとんどありませんでしたが、今回は4年生のうちからちょくちょく塾の先生と話し、息子に声をかけていただけるようお願いしています。上の子が、わからないことは自分から先生に質問して解決できるタイプだったのに対し、下の子は「わからないところがどこかもわからない」状態なので(笑)。

 

ご家庭での勉強のようすはいかがですか?

 

mama_K_201604

Kママ

本人はやる気があり、意欲的なのですが、勉強の中身は穴だらけで心配です。つきっきりで勉強を教えるようなことはしていませんが、時々私がクイズ形式で問題を出してみたり、弱いと思うところは「テキストを読んでみて」と指示したりはしています。たまに親子げんかになることもありますね(笑)。

 

今月の先輩ママと現役ママ

Sママ

私立女子進学校を卒業した大学院1年生と、私立男子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「受験校を決めるときは迷いましたが、子どもの自立を促すために、自由な校風の学校を選びました」

Aママ

私立女子進学校に通う高校3年生と、私立男子進学校に通う中学1年生のママ。専業主婦。
「息子の受験生時代は1年間遊びを禁止しました。今は私に感謝し、学校生活を楽しんでいます」

Kママ

私立女子進学校に通う中学1年生と公立小学校4年生の男の子のママ。パート勤務。
「スポーツを続けさせたいのですが、受験勉強との両立が負担になりつつあり、悩んでいます」

Nママ

公立小学校4年生の女の子のママ。お子さんは一人っ子。専業主婦。
「小学校で、塾の成績が話題になっているようです。友達関係が変わってきたのが心配です」