進学通信2016年2・3月合併号

今月のテーマ
高校卒業後の子どもの将来を考える 私学の進路教育ってどんなもの?

中学受験生のご家庭では、大学受験や将来の職業選択というと、ずっと先のことのように思われるかもしれません。しかし、私立中学に入学すれば、6年後には次の進路に向けて羽ばたくのです。子どもの将来について今から考えてみませんか? 今回は、私立高校3年生のお子さんのママたちに、私学の進路教育や大学受験についてうかがいました。ぜひ参考にしてください。

5)先輩ママの声

 

学校の進路教育、進学指導について満足していますか?

  • 満足かどうかの前に「中学・高校の学校生活は、大学受験のためにあるのではない」という考えの学校なので、特別な指導はしない方針のようだ。
    (中2女子のママ)
  • 先生方も進路について話をしてくださっているようだし、友達同士の会話でもそういう内容が増えている。息子も自覚を持ち出したので、今のところ満足している。
    (高1男子のママ)
  • 満足していないが、進路は本人任せという校風なので仕方がないとあきらめている。
    (高3男子のママ)
  • 夏期講習は充実してきたが、ほとんどの生徒が塾に行っているのが実情。満足できるかどうかは、先生の指導の手厚さによる。
    (高3男子のママ)
  • 満足ではないが、もともと期待もしていなかった。学校に期待するのではなく、まわりの生徒ががんばっていることが娘にとって良い刺激になると思っている。
    (高3女子のママ)

 

大学受験に関して学校に期待することは?

  • 大学入試の制度が変わるので、安心して受験できるように情報を早めに伝えてほしい。
    (中1男子のママ)
  • 受験を乗り切る集中力や精神力をつけさせてほしい。
    (中2男子のママ)
  • 塾に行かずにすむように、学校で学力をつけてほしい。
    (中2男子のママ)
  • 大学付属校であることは十分理解しているが、籍を置いたまま外部受験をさせてみたかった。
    (高3女子のママ)
  • 一人ひとりの希望進路と学力に合ったきめ細かい学習・進路指導。
    (高3女子のママ)
  • 大学で学びたいことを見つけるために、講義や映像などでさまざまな職業を紹介してほしい。
    (高3男子のママ)
  • 中学から英語教育に力を入れてほしかった。
    (高3男子のママ)
  • 学習面だけではなく精神面でのサポート。
    (高3男子のママ)

 

今月の先輩ママ

Oママ

私立女子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「やりたいことを見つけてから学部、そして大学を決めるという進路指導に従い、学びたい分野を見つけました」

Kママ

私立大学付属男子校の高校3年生のママ。自営業。
「希望学部に進めるかは未定。大学で興味を持てるものを見つけて、将来に結び付けてほしいと願っています」

Iママ

私立共学進学校の高校3年生男子のママ。パートタイム。
「高3の夏前から本格的に大学受験勉強を始めました。選択肢が多く、将来についてはまだ決められないようです」