進学通信2016年2・3月合併号

今月のテーマ
高校卒業後の子どもの将来を考える 私学の進路教育ってどんなもの?

中学受験生のご家庭では、大学受験や将来の職業選択というと、ずっと先のことのように思われるかもしれません。しかし、私立中学に入学すれば、6年後には次の進路に向けて羽ばたくのです。子どもの将来について今から考えてみませんか? 今回は、私立高校3年生のお子さんのママたちに、私学の進路教育や大学受験についてうかがいました。ぜひ参考にしてください。

2)将来の道がふた手に分かれる文系・理系の選択が最初の関門

進路選択の最初の決断は、文系・理系を決めるところでしょうか。

 

mama_I_201602

Iママ

そうですね。文系・理系どちらの教科もできるというお子さんや、どちらが向いているのか漠然としていてわからないお子さんなど、なかなか決められないという生徒は多いように思います。
息子は最初理系に進もうと考えていたようです。将来なりたいものも決まっておらず、学びたいものも特にないということで先生に相談したところ、「迷ったら理系にしなさい」というアドバイスを受けたのです。ところが理系の勉強を少ししてみたら、「理系は好きじゃないとわかった」と言い出し、結局文系を選択しました。

 

mama_O_201602

Oママ

娘は私から見ても明確な文系タイプなのですが、誰かから「理系じゃないと、大学卒業後の就職が難しいらしい」と聞いてきて、「理系にする」と言い出したことがありました。私は「それはない」と思いましたが、本人が言うことを真っ向から否定するわけにもいかず……。結局は、本人が文系に決めたのでホッとしました。

 

受験する大学や学部はどうやって決めていったのですか?

 

mama_O_201602

Oママ

学校の進路教育では、「何になりたいか」というところから学部を決め、それから大学を決めるという順番で考えさせるんですね。それはとてもよかったなと思います。
中3で進路に関する教育が始まったときは、「中3ではまだわからないのではないか」と、私は内心思っていました。ところが年月をかけて考えていくうちに、自分がしたいことがなんとなく見えてくるものなのですね。中3ではまだ世の中にどういう職業があるかもほとんど知らなかったのに、本を読んだり、講演会でOGの話を聞いたりするうちに、「こういう仕事があるんだ」と世界が広がり、本人の中で職業についての理解が進んでいきました。

 

進路選択にあたっては、保護者はどういう立場なのですか?

 

mama_O_201602

Oママ

先生は、「親が子どもに自分の希望を押しつけるとうまくいかないことが多いので、本人が行きたい進路や大学を見つけるように指導したい」というお考えでした。
それは理解できましたが、多少は私も言いましたよ。娘が「理系に行く」と言い出したときには、理系に対するネガティブキャンペーンをしたりしました(笑)。「理系に進むと、ほとんどの子は大学院に進んで長年研究をするんだよ」とか、「物理の人なんかは、ずっと数字とにらめっこしているらしいよ」とか。そうするうち、「私の描く将来像とは違う。理系で研究したいことは何もない」と気づいたようです。

 

mama_I_201602

Iママ

息子はコツコツ型ではないので、理系で研究などをするよりも、文系のほうがストレスの少ない人生が送れると思いました。文系は、幅広く職業選択ができそうなところも魅力的でした。息子には文系が合っていると私は思っています。ただ、ウチは主人が理系なんですよ。主人は息子も理系に進ませたかったようで、私が文系に誘導するようなことを少し言うと、「文系を薦めるな」と言っていました。自分から息子に直接理系を薦めることはなく、「本人に決めさせる」というスタンスでしたが、結局本人が文系を選択したので、残念がっていました。

 

保護者のアドバイスも参考にしながら、基本的には「自分の進路は自分で決める」ということが大前提なのですね。

 

image03_201602

 

今月の先輩ママ

Oママ

私立女子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「やりたいことを見つけてから学部、そして大学を決めるという進路指導に従い、学びたい分野を見つけました」

Kママ

私立大学付属男子校の高校3年生のママ。自営業。
「希望学部に進めるかは未定。大学で興味を持てるものを見つけて、将来に結び付けてほしいと願っています」

Iママ

私立共学進学校の高校3年生男子のママ。パートタイム。
「高3の夏前から本格的に大学受験勉強を始めました。選択肢が多く、将来についてはまだ決められないようです」