進学通信2016年2・3月合併号

今月のテーマ
高校卒業後の子どもの将来を考える 私学の進路教育ってどんなもの?

中学受験生のご家庭では、大学受験や将来の職業選択というと、ずっと先のことのように思われるかもしれません。しかし、私立中学に入学すれば、6年後には次の進路に向けて羽ばたくのです。子どもの将来について今から考えてみませんか? 今回は、私立高校3年生のお子さんのママたちに、私学の進路教育や大学受験についてうかがいました。ぜひ参考にしてください。

1)「やりたいこと」を見つける指導で自分を見つめ進路を探っていく

学校の進路教育はどのようなものですか?

 

mama_O_201602

Oママ

娘の学校では、中3から高1にかけて、自分が将来何になりたいかについて徹底的に考えさせます。高2からクラスが文系、理系に分かれるため、その選択に向けて、高1の時点ではかなり明確に自分の将来像を描く課題が出されるのです。文章にして提出するので、娘は必死で考えていましたね。ものすごく広い範囲から一つの道を選ぶのは、とても大変そうでした。

 

具体的にはどのようなことをされていましたか?

image01_201602
 

mama_O_201602

Oママ

いろいろな職業の本を読んでいました。たくさん読んでいくうちに、なんとなく道筋が見えてきたようで、今は学びたい分野が定まり、それを学べる学部に向けて大学受験勉強をしています。

 

mama_I_201602

Iママ

息子の学校では、卒業生で社会人の方が、自分の職業について話をする講演会があるようです。中3ぐらいから始まって、年に数回あったと思います。また、高2になると、大学のオープンキャンパスに行くように言われますが、強制的なものではなく、自主性に任されています。息子は友達に誘われて1回行ったぐらい。自分からはまったく行こうとしませんでした。

 

mama_K_201602

Kママ

ウチの子の学校は付属校で、推薦で併設の大学に進む生徒が大半です。成績の良い生徒は希望の学部に行けますが、そうではない生徒は、行けそうな学部を探して希望を出すということになります。人数の枠がありますから仕方がないとは思うのですが、本来は学びたいことを学ぶために大学へ行くのに、とにかく大学に入ることが優先という感じで、本末転倒という気もします。でもここまできたら、大学での可能性にかけようと思っています。興味がなかったことでも学んでみたら楽しかったり、大学でやりたいことが見つかるということもあるかもしれません。

 

併設の大学や学部について、情報を得る機会はありましたか?

 

mama_K_201602

Kママ

それはたくさんありました。中学時代から大学訪問をしますし、毎年のように夏休みにはキャンパスに行く機会があります。大学生が学校に来て、学部の内容を説明してくれることもあります。社会人の職業についての講演もあり、職業教育も行われますし、希望学部については、高1ぐらいから考えるように言われます。でも、希望通りにいくかどうかは成績によるところが大きいので、進学校の進路教育とは少し趣が違いますね。

 

image02_201602

 

今月の先輩ママ

Oママ

私立女子進学校に通う高校3年生のママ。専業主婦。
「やりたいことを見つけてから学部、そして大学を決めるという進路指導に従い、学びたい分野を見つけました」

Kママ

私立大学付属男子校の高校3年生のママ。自営業。
「希望学部に進めるかは未定。大学で興味を持てるものを見つけて、将来に結び付けてほしいと願っています」

Iママ

私立共学進学校の高校3年生男子のママ。パートタイム。
「高3の夏前から本格的に大学受験勉強を始めました。選択肢が多く、将来についてはまだ決められないようです」